男の娘なCQCで!(未完)

百合姫

せっていしりょう

[響ひびき]


<a href="//2238.mitemin.net/i27909/" target="_blank"><img src="//2238.mitemin.net/userpageimage/viewimagebig/icode/i27909/" alt="挿絵(By みてみん)" border="0"></a>


名字は無し。この世界では名字は存在しないという設定。
種族 妖精族 
覚醒スキル「妖精王の加護」光のリングが背後に出現。飛べるようになり、目と髪と羽が淡く輝く。
隠しスキル「ふぇありぃ・ぶれいかぁ」マップ兵器とも言える範囲に、超攻撃力を備える超距離砲撃。遣いどころが難しい。
好き ツナ缶 サイゼンナのミートスパゲティとマルゲリータピザ 甘いもの全般
嫌い 辛いもの 女性全般(子供はセーフ) マヨネーズ 納豆
歳 24歳(肉体年齢は15前後)
装備 ペレッタ90Twoカスタム 装弾数 17+1 消音器サプレッサー、ナックルガード付き


<a href="//2238.mitemin.net/i27910/" target="_blank"><img src="//2238.mitemin.net/userpageimage/viewimagebig/icode/i27910/" alt="挿絵(By みてみん)" border="0"></a>


性格  
女の子のような肉体に引っ張られているのか少し女々しく、草食系男子。
幼馴染のマキに彼氏が出来たのをキッカケにマキに対する好意を自覚する。
しかし、すでに時遅し。気づいた時には関係が進み過ぎていたのもあり、特に横恋慕することもなく諦める。
もともと自分に自信が無かったため、あっさりと諦めてしまう。
また、失恋のショックともともと女性が得意じゃ無かったこともあり、恐怖症よりの人見知りに。
と言うよりは人を好きになることに臆病になり、女性といると好きになってしまうかもしれないと言うことであえて遠ざけるようになる。


男同士の熱い友情に憧れを持つ。人助けはその場のノリによる部分が大きい。もとい気まぐれ寄りのお人好し。


戦闘スタイル 忍び寄って後ろから刺す、という基本的に肉弾戦はしないスタイル。スピード優先なので敏捷値を落としてしまう防具を一切、装備しない。背後からの攻撃に失敗した場合、遠距離からの魔法でちまちまダメージを与えるスタイルに変更する。少年漫画の主人公には慣れない戦闘スタイル。どらごにあに来てからは魔法攻撃力やMPが落ち込んでしまったので、基本的に銃器の中でも軽いハンドガン(ペレッタ90Two)を使用する。たまに狙撃銃で遠距離から。狙撃銃はVSS・EX。


〔称号〕
「ざ・ぼす」敵を掴んで投げればステータスに関係なく状態異常気絶。
敏捷3・気配隠蔽の補正効果


「びっぐ・ぼす」敵を気絶させることに成功した場合、ランダムで装備を一つ獲得。(どらぶれの中のみ。どらごにあに来てからはこの効果は無くなる。)
敏捷5・気配隠蔽2の補正効果。


「厨2病」ネタ称号。死ぬ寸前に勝手に口が動いて死に間際の厨2台詞を言う。とても恥ずかしい。


「ほんやくか」異国の言葉を理解できる。文字は不可。




〔スキル〕
「CQC」実践さながらのCQC技術を会得できる。背後からの首絞めにより、100パーセント気絶の効果を付け足す。


「CQCEX」CQCの強化版。よりCQCの技術が上手くなる。CQCを使う際のディレイ値が半分に。


「ナイフスキル」ナイフの扱いが上手くなる。ナイフ装備時、攻撃力UP。


「ハンドガンスキル」熟練度に応じて手ぶれが少なくなる。リロードのスピードがアップ。ハンドガンの耐久値を回復させることができる。攻撃力には影響なし。


「ランナー」熟練度に応じてショットガンの手ぶれが少なくなる。リロード速度がアップ。耐久値を回復させることができる。


「すないぱー」熟練度に応じてスナイパーライフルの手ブレが少なくなる。リロードのスピードアップ。
耐久値を回復させることができる


「だんそうあめあられ」イベントリに入っている銃のマガジンを好きな場所に出すことが可能になる。MPを消費する。いちいちイベントリから取り出しておく必要が無くなる。
空の弾倉を自動でイベントリに収納する。


「光魔法」熟練度に応じて光魔法を覚える。熟練度に応じて攻撃力と詠唱速度がUP。


「火魔法」熟練度に応じて火魔法を覚える。熟練度に応じて攻撃力と詠唱速度がUP。


「気配遮断」スキルを使った気配探知の類を無効化。


「気配隠蔽」相手に気づかれにくくなるという効果。相手の視界に入らない限り、効果がある。


「気配隠蔽2」気配隠蔽の強化バージョン。効果は気配隠蔽と乗算する。


「無味無臭」毒系アイテムを使用する場合、味を完全に消せる。体臭や装備品の匂いを消せる。


「敏捷3」敏捷値に150プラスされる。敏捷値がすでにカンストになっても効果がある。
「敏捷5」敏捷値に250プラス。


〔必殺技〕
「バックナイフ」ナイフスキルを上げていく過程で習得。相手に気づかれる前のみ発動可能。背後から攻撃することで即死効果。


「クリティカルエッジ」ナイフスキルを上げていく過程で習得。相手が動けないタイプの状態異常になった時のみ発動可能。ステータスに関係なく即死効果。


「中腰歩き」中腰でも立っているときと同じスピードで歩けるようになる。中腰の態勢の時、疲れにくくなる。


〔魔技(魔法)〕
「サンダーボルト」麻痺の追加効果のある帯状の雷を相手に向けて発射する中級光魔法。






[マノフィカ]


種族 上位親族
覚醒スキル 
隠しスキル 
好き 甘いもの  響
嫌い 響以外の全て 魚介類(生臭いもの。特にイカの刺身が苦手)
歳 16
装備 刀とデザートイーグルの遠近両用式。
性格 喋るのが好きではなく、と言うよりは得意ではなく、基本的に一度に一文で終わる程度の言葉しか発さない。


戦闘スタイル 
備考 本作ヒロイン。褐色少女。ヤンデレ。


[フィネア]


種族 半魔族ハーフ
覚醒スキル「魔の波動」紫色のオーラをまとう。攻撃全てに(魔技含む)攻撃力が加算される。MP消費量がその分増える。
隠しスキル「魔神の衝動」前方に莫大な魔力の塊を連射する。追尾性能を持っていて、どこかに着弾すると爆発。状態異常”呪恨”を付与する。
性格 天然。そのため、会話があらぬ方向に飛んでいく。貧乏性。主人公に多大な負い目を感じてはいるが表には出さない。主食は家の裏手に生えるやたらと成長の早い雑草。雑草と言っている草はバラ科で、滋養強壮の薬としても使われているハーブ。
一応、かなり希少なハーブなのだが、彼女以外にそれを知る者はいない。
男性と付き合うと尽くすタイプ。ただ、いまだ手を繋いだ事すらない。彼女から見た響は可愛い妹。男だということをちょいちょい忘れる。


[レト]


種族 精霊族
依頼屋の職員。
可愛い物が大好きで、男の娘というジャンルが大好物。
主人公を気に入ってはいるが、あくまでもマスコット感覚。
出来れば自分の手で響を育てたいと思っている。むしろ食べたいと願っている。どんな意味かは言わずもがな。
その性癖?のため、良い噂は全くなく、依頼屋に来る冒険者達に口説かれても決してなびかない。
精霊族の特徴として相手の人間性を直感的に理解するため、精霊族は一目惚れで結婚までいくことが多い。
また、いささか物騒な世界ゆえに自分の身を守るため、依頼屋に勤める人間としても荒事に対応できる能力はある。
LV.120。どらごにあには転生の概念はなく、レベルの上限値はどらぶれと変わらず、999。

















「男の娘なCQCで!(未完)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く