話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

武術の天才がVRMMOにログインしました。

飛べない豚

プロローグ

今日もいつも通りの1日 特に楽しみもなく唯一楽しかった武術も もう学ぶことも無い

私は八雲茜 武術の天才と言われているただの女子高生だ。


昼休み 1人でコンビニ弁当を食べている私に ふと1つの話が耳に残った。

曰く ヴァーチャル世界で戦うゲーム
曰く 怪物と殺し合いができるゲーム

かなり いやとても興味深い。 何とかして手に入れて遊んでみたい。 祖父に頼もうか 兄にねだろうかと思考していると 

「ねぇねぇ 茜はVRMMOやる予定ある?」

この娘は紗奈 小学校からの幼馴染だ

「少し興味あるよ」

「それじゃあさぁ・・・私ネット通販の不具合で本体を2つ持ってるんだけど もし良かったら使って」

「おぉ・・・! 貴女が神か・・・!!」

とそんなこんなで私は
ねんがんの VRをてにいれた!



さっさと帰宅した私は 説明書を適当に流し読みして ネットで事前情報を最低限集めたら VRの本体を起動させた。

これからまた 楽しみになってきた。 

「武術の天才がVRMMOにログインしました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く