話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

剣と魔法の輪廻譚

にぃずな

これで転生10回目なんですが!

「……うっ、んん?」

目を開けたときそこにはある意味お馴染みな光景が広がった。
_______ぼやけた知らない部屋。
私は口元をヒクつかせながらこう叫んだ。


あああああああぁぁぁぁぁ!!!またかあぁぁぁぁぁぁ!!





_________私、何回転生させられるの?!

…………………………。

(もう赤ちゃんになるの嫌なんだけど……)

心は高校生のままなのが不思議です。
多分、今までの転生したときの年齢換算したら余裕で2000歳超えます。ホントに軽々と。

(まぁ、大半が40代で過去の致命傷と不治系の毒で倒れるんだけどね…)

エルフの時に1600歳まで生きたのが衝撃的だった気がする。

「あ"ぅぅぅぅ…(ホント最悪……)」

どの異世界でも最強と唄われ、剣を持っても魔法を使っても最強。

(新鮮味あったのって、精々2回目までだったかなぁ…)

10回は辛すぎる。
そんなことを考えていると、物音がした。

(誰か来たのかな?)

すると、音割れの酷い声がした。これもいつも通り。

「おき………のね………ミフユ………ふ……ふ……か………い…よぉ……」

うん、分かりずづらいね。

《聴力強化》

私は魔法を起動させ内容を聞く。

「元気そうだね。ミフユ。……………ぁああもー!可愛い~!」

そう言って、私のことを抱き上げた。
あ、この人この世界での私の姉だね。多分。
でも、シスコンは今回が初めてだなぁ。

あう~!あ~あぅぁぁ!ちょっと!苦しいです!

「うぅ~!可愛いよぉ~!おねーちゃんの癒しだよぉ~!」

分かんないよね、普通。
私が苦しそうにしてると、やっと離してくれた。

(まぁ、実際水中には10分以上潜れるけどね…)

そんなことを思いながらベットに戻してもらった。
やっぱり、風景は知っておきたいよね。

《視力強化》

すると、綺麗な部屋が広がっていた。
程々に豪華な部屋だった。

(貴族?かなぁ…。あんまり良い印象ないなぁ…)

6回目の転生で貴族だったけど、頭の痛くなるような話ばかり聴こえてとても嫌だった。

「どうしたのミフユ?体調悪いの?大丈夫?」

そう言われたので、おねーちゃんの方を見ると、衝撃を受けた。良い意味で。

(凄く、美人で可愛い…!)

あ、やば、返事してなかった。

「あぅ~ぅ。あぅぅ~!(大丈夫です。気にしないで!)」

まぁ、伝わらないだろうけどね…。

「心配しないでって言いたいのかな?」

伝わってた。おねーちゃん凄い。
うーん、何だかんだ、良いとこに生まれた来れたぽいね…。

(よし、10回目も頑張るか~!)


私は私らしく、10回目の生の始まりを____。

「剣と魔法の輪廻譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く