話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Regulus

嘉禄(かろく)

The black backside



これは、俺の写真展『Black in the black』の裏側-


「…写真展?俺の?」


ある日、俺のところに名のある撮影会社から写真展を開かないかというオファーが舞い込んだ。
今までとは違う俺を撮りたいということだったけど、服の大まかなデザイン等はこっちに任せてくれるらしい。

そこで俺が考えたのは、黒基調でパンクなデザインの服。
今までピッタリした服を着ていたのを、敢えて緩い着こなしをしたり…でも最も大きな変化は、黒く染めた髪と割れた腹筋。
遥みたいにガチじゃなく、俗に言う細マッチョになりかけぐらいの感じ。
因みに遥に絞られた。
あいつ俺相手でも…いや、だからこそ?
容赦なくて折れかけたけど、多分いつか遥が話すだろう。
…まあ、おかげで腹出しできるけど。

実際の撮影では、元々報告していた志輝が見に来てくれた。
服を捲ったり前髪下ろしてみたり唇に指を這わせてみたり…服や髪型を替えながら色んなショットを撮った。

そして、写真展オープンの日。
会場に来てくれた人には早い者勝ちとなってしまうけど特典を用意していた。
内容は、写真展の撮影風景を纏めた所謂メイキングDVDだ。
タダで、とはいかなかったけど入場料もあるので出来るだけ値段は抑えた。
後ほどエゴサしたところ評判は上々で、円盤も喜ばれていた。
枚数制限もしたけど飛ぶようになくなってしまったみたいで残念がる声もあった。
来れなかった人には、こっちもなくなり次第の終了ではあるけど写真展で飾った写真のブロマイドを通販で販売することにした。

それもどうやら喜ばれたようで、見に来てくれたメンバーと一緒に喜んだのは他でもない-



「Regulus」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く