話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺を殺した同級生と、あの世で再会。同居することになったんだが、どうすれば!?

未完ちゃん

第7話 トランプ占い

「はー食った食った……」

「康太、食べすぎや。しょーくんが引いてるやんか。」

「いやー明ちゃんが全額・・払ってくれるって言ってくれたからな……。
ここで食わんでどこで食うんや!」

「ん?俺が払うのは、明日香と、翔太の文だけだ。お前のは一円たりともはらわないぞ?」

「えっ……?いやいや、明朗様は、そんな酷なことしないって俺はしっとる!……信じとるからな、明ちゃん!」

「明日香、翔太。デザートはどうだ?」

「いや、俺は大丈夫だ。ありがとう、明。」

「うちもええかな。明朗君に奢ってもらうってだけで申し訳ないんに……」

「遠慮すんな、明日香。」

「じゃあ、このチョコレートパフェで!」

「分かった、チョコレートパフェ一つでいいのか?…。」

ん?
今俺の事をちらっと見たってことは……

「あぁ、大丈夫だ。」

「分かった」

「すみませーん、注文良いですかー?」

「あ、今行きます!それじゃ、な。」

「うん」








「美味しかった〜。やっぱりここのパフェは格別やな〜」

「ついでに明朗に会えて良かったな、明日香」
「なっ。しょーくんの前で何言うてんねん、康太!」

「さーな〜。」

「……3角関係?」

「そんなんやないよ……そんなんやない…」

「そうや。そんな可愛らしいもんちゃうわ」  

……なんか複雑そうだな。


その後、何となく気まずい雰囲気で、あの家に帰った。














ー1ヶ月後ー


「しょーくん!まだ寝とるん!?いい加減起きぃや!」

「翔太ーそろそろ起きた方がええでー
今日は、新しい住人が来るんやから。」

「ん〜……」

一階から明日香の怒鳴り声と、康太の呑気な声が聞こえてきて、それにより、完全に目が覚めてしまった。

トントントントン

「おはよ〜」

「しょーくん…
って、寝癖めっちゃついとるやん!
それに、顔も洗ってへんやろ?
顔洗うついでに、寝癖も直して来ぃや。」

「ん〜」

「康太も、テレビ見てないで、手伝ったらどうや?」

「待て待て……
今、トランプ占いで、男が来るか女が来るか、
占っとるんや。」

「康太、トランプ占い出来るんだ?」

「せやけど…あんま信用出来へんのよ…
翔太くんが来る日も康太は、占いやったんやけど、そん時は女子が来るって言っとったんや……」

「…なんか悪いな、男が来て。」

「ん?あぁ別に構わへんよ?今は、しょーくんが来てくれて良かった思うとるし!」

「車の運転、お前ら2人より上手いしな?」

「うっ。痛いとこ言うなぁ。」

「出た……!!」

「俺を殺した同級生と、あの世で再会。同居することになったんだが、どうすれば!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く