『触れる』

むらもんた

βルート

♦︎♢♦︎♢ βルート


「俊ちゃん! 俊ちゃん!! 起きて! 間に合わなくなるよ!」


「……梨花」


「なぁに、ぼぉーっとしてるの! お父さん達、空港に迎え行かなきゃなんだから早く準備するっ!」


 梨花が生きている?
 梨花が生きている。
 梨花が生きている!


 俺は力の限り梨花を抱きしめた。


「えっ? ちょっと、俊ちゃんいきなりどうしたん? 痛いよー」


「夢見てたんだ。梨花がいなくなる夢。それで変な老婆が梨花とまた会わせてくれてさぁ……」


「なにその夢! あたしはいなくならないし、ここには変な老婆もいません! てかよりによってこんな日にそんな夢見るなんて、縁起悪いなぁ!」


 抱きしめた腕の隙間から梨花がひょっこり顔を覗かせる。
 少し怒っている?
 そんなの関係ない。梨花が目の前にいる。梨花に触れられる。ただそれだけでいい。それだけで幸せだから。




 しばらく抱きしめたあと、夢の話を梨花にしながら、大急ぎで準備をして空港に迎った。
 空港には俺の両親、そして梨花の両親が待っていた。
 そして軽く挨拶を済ませ、式場へ向かった。






 グレーのタキシードに着替えを済ませ、壇上の前で待っていると教会の大きな扉が開く。目を向けると梨花のお父さんとドレス姿の梨花が立っている。横の席には沢山の友人や親族の姿もあった。夢で見た結婚式とは何もかもが違う。


 一歩ずつゆっくりと歩く梨花の姿は、まるで今まで過ごした家族との時間を噛み締めているように見えた。
 俺の横までくると今度は俺が梨花をエスコートする。
 そしてリハーサル通り、式が進んでいく。




「汝【佐藤俊介】は、この女【金子梨花】を妻とし、良き時も悪き時も、富める時も貧しき時も、病める時も健やかなる時も、共に歩み、死が二人を分かつまで、愛を誓い、妻を想い、妻のみに添うことを、神聖なる婚姻の契約のもとに、誓いますか?」と神父が俺に問いかける。


 不思議な夢で体験したことは、梨花の大切さや今ある幸せに気付かせてくれた。だから俺は全く迷いのない堂々としした声で答える。


「はい。誓います」


 梨花も同様に誓いの言葉を述べ、指輪の交換、そして誓いのキスへと式は進行した。


 ゆっくりとヴェールを上げて梨花の顔を見つめる。
 そして小さな声で
「世界一綺麗だよ」と囁いた。


「ありがとう」と幸せそうな笑みを浮かべる梨花を見て、やはり思ったことは恥ずかしがらず伝えるべきだと思った。




 この先もちろん辛いことや悲しいことはきっとある。だけどどんなことがあっても、この笑顔を精一杯守っていこう。そんなことを考えながら俺の唇は梨花の唇に触れた。






          βルート End




 

「『触れる』」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く