話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界エルフの奴隷ちゃん

柑橘ゆすら

からあげ

市場から戻ったご主人さまはキッチンに籠って、料理に没頭することにした。
 現代日本から召喚されたご主人さまは長きに渡る独身サラリーマン生活によって、それなりの自活スキルを有していた。
 本日の夕食はダンジョンで仕入れたチキン、市場で購入した小麦粉、ショウガ、ニンニクを使用した『からあげ』である。

「「おおおおおぉぉぉ!?」」

 大皿の上に山盛りになった『からあげ』を目の当たりにしたエルフちゃん&犬耳ちゃんはキラキラと目を輝かせていた。
 外はサクサク。中はジューシー。
 黄金色の衣を纏った『からあげ』は、端的に言って非常に美味しそうだった。

「不思議です! 私、エルフなのでお肉とか苦手なんですけど! これなら美味しく食べられます!」
「美味い……。美味すぎる……。田舎のチビたちにも食べさせてやりたいぜ……」

 前回食べた『かつ丼』も絶品だったが、今回の『からあげ』もそれに負けず劣らずの出来栄えだった。

「あの……参考までに聞いておきたいのですが、ご主人さまはこの料理のレシピを何処で知ったのですか?」
「ああ。これは俺の故郷である東の国に伝わる料理なんだ」

 得意気に語るご主人さまであったが、エルフちゃん&犬耳ちゃんの表情は晴れなかった。

((出た! 東の国!))

 2人が心の中でツッコミを入れたのは全く同じタイミングだった。
 前回作った『かつ丼』の時もそうである。
 ご主人さまが不思議な知識を披露する時は、決まって『東の国』に伝わるものだと説明していた。
 疑問に思ったエルフちゃん&犬耳ちゃんは以前に地図で調べたのだが、東の海には何もないことを確認している。
 ご主人さまは気付いているだろうか?
 このブルーティアの街は世界的に見て極東に位置にあるのだった。

「あと他にも俺の故郷である東の国にはマヨネーズっていう調味料があるんだけど、これがまた美味しいんだぁ……。そうだ。今度機会があったら作ってみることにするよ」

 ご主人さまの謎は益々と深まるばかりである。

「異世界エルフの奴隷ちゃん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • アニメ好き

    この作品は新作ですか?それともなろうで投稿してますか?
    とりあえず……面白かった!!

    0
コメントを書く