話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界エルフの奴隷ちゃん

柑橘ゆすら

チキンゲット

「あれ……。なんだこれ……?」

 チキン 等級F 

 ビックバードが消えた後に残ったのは、何やら見覚えのないアイテムだった。
 
「チキンですね」
「チキンだな」

 店で売っているのを頻繁で見かけていたエルフちゃん&犬耳ちゃんは口を揃えて回答する。 

「……それは分かるんだが、どうしてパックに入っている状態でドロップしてくるんだろうか」

 手に入れたアイテムを眺めながらも、ご主人さまは納得のいかなそうな面持ちだった。
 白トレイの上に置かれた推定500グラムはあろうかというチキンは、透明のビニールによって包まれており、非常に衛生的な状態をしていた。

「えーっと。それの何がおかしいのでしょうか?」

 小首を傾げるエルフちゃん。
 ご主人さまは時々、こういう不思議な質問を口にした。
 食材アイテムがドロップした時にパックに入っていることは、この世界の住人にとっては常識だったのである。

「お、俺がおかしいのか? どう考えても不自然だと思うのだが……。う~ん……」

 ご主人さまは1人、悶々とした気分に陥っていた。
 

「異世界エルフの奴隷ちゃん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く