話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界エルフの奴隷ちゃん

柑橘ゆすら

スキルポイント

それから翌日のこと。
 何時ものように激しい夜を過ごした3人は、何時ものように初心者用のダンジョンを訪れていた。

「「流石はご主人さまです!」」

 この日もエルフちゃん&犬耳ちゃんは日課である『さすごしゅ』に余念がない。
 戦闘ではあまり役に立てない分、主人を良い気分で戦わせてあげることは奴隷としての重要な責務の1つであった。
 ご主人さまは今日も今日とて、スライム相手にオーバーキルのダメージ与え続けている。
 テテテテッテテッテー♪ 
 戦闘が一段落したところでエルフちゃんの頭に電子音が鳴り響く。

「あれ……。頭の中で今、不思議な音がしたような……」
「ああ。たぶん、それレベルアップの音だよ」

 首を傾げるエルフちゃんに向かってご主人さまは言った。

「パーソナルカードを出して」
「……はい。こうですか?」

 パーソナルカードとは、この世界に生まれた人間ならば誰しもが自由に出し入れできる身分証のようなものである。

 職業 奴隷
 LV 2(↑1)

 生命力 11(↑1)
 筋力値 5(↑0)
 魔力値  24(↑2)
 精神力 18(↑1)

 スキルポイント 1

「本当だ! レベルが上がっています!」
「おおっ。エルフもようやくレベルが上がったか! オレなんかとっくにレベル2だけどな」

 尻尾をブンブン振って得意気な表情を浮かべる犬耳ちゃん。 
 エルフちゃんたちエルフ族は他種族と比べて初期ステータスが高い反面、成長スピードが遅い種族とされていた。

「レベルが上がると好きなスキルを取得することができるんだ。裏面を見てごらん」
「わっ。本当だ。たくさんあるんですね~」

 パーソナルカードの裏には取得可能なスキルの一覧が表示されていた。

 火属性魔法(初級) 水属性魔法(初級)
 風属性魔法(初級) 呪属性魔法(初級)
 聖属性魔法(初級) ……………。
 
 魔法の基本である属性魔法(初級)から、日用使いできそうなスキルまで、その数は合計で20種類近くあるだろう。
エルフちゃんは目を皿にしながらも取得可能スキルの一覧を眺めていた。 

「……あの、ご主人さま。胸の大きさって項目はないのでしょうか?」
「そんなものはない」

 疑問を抱くエルフちゃんに対して、ご主人さまは的確なツッコミを入れるのだった。


「異世界エルフの奴隷ちゃん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く