話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界エルフの奴隷ちゃん

柑橘ゆすら

でもちょろい

新品のネグリジェを身に着けたエルフちゃん&犬耳ちゃんは、さっそく寝室に向かうことにした。

「2人とも。凄く可愛いよ」
「「~~~~っ」」

 月並みな誉め言葉だが、面と向かって言われるとやはり嬉しい。
 ご主人さまは鈍感なようでいて、『ここぞ!』というタイミングで女性が喜ぶ言葉をかける不思議な能力があった。

「こっちにおいで。可愛がってあげるから」

 ご主人さまに手招きされたエルフちゃん&犬耳ちゃんは、そのままベッドに向かっていった。
 それからのことはよく覚えていない。
 もしかしたらご主人さまがダンジョンの低階層ばかり探索しているのは、夜のために体力を残しておきたいからなのだろうか?
 そのテクニックたるや女性の記憶を吹き飛ばすほどで、この日も2人は幾度となく絶頂を迎えることになった。

「良かったよ。2人とも」

 右隣にエルフちゃん、左隣に犬耳ちゃんを侍らせたご主人さまはご満悦の様子であった。

((やっぱり好きかも……。ご主人さま……))

 たまに悪口は言うけど、なんだかんだでご主人さまのことが好きなエルフちゃん&犬耳ちゃんであった。

「異世界エルフの奴隷ちゃん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く