話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界エルフの奴隷ちゃん

柑橘ゆすら

待合室

ここは迷宮都市――ブルーティア。
 ダンジョンから戻ってきた3人が次に何処に向かったかというと――冒険者ギルドである。 
この世界ではダンジョンに潜って、モンスターからドロップするアイテムを売って生計を立てる人間を総称して『冒険者』と呼んでいた。

「すいません。魔石の買い取りをしたいんですけど」
「承知いたしました」

 ご主人さまの担当をしているギルド受付嬢、受付嬢さん(仮)はブルーティアで働く受付嬢の中でも1番の美人と評判の人であった。
 中でもご主人さまの視線を引き付けて離さないのは、ブラウスのボタンを弾き飛ばすかのような勢いで膨らんだ受付嬢さんの胸である。 
 受付嬢さんの胸からは、エルフちゃん、犬耳ちゃんには存在しない魅力が漂っていた。

 ~~~~~~~~~~

 一方、その頃。
 奴隷ちゃんたちが何処にいたのかというと――冒険者ギルドの待合室である。
 世はまさに弱肉強食。
 強者が弱者から搾取するのが日常なこの世界では、奴隷専用の待合室が用意されていることが多かった。

「はぁ……。仕事の後のジャーキーは格別ですねぇ……」

 ベンチの腰を下ろしたエルフちゃんが何を食べていたのかというと――乾燥肉である。
 噛めば噛むほど肉の旨味と程よい塩気が口の中に広がっていく。
 乾燥肉を頬張るエルフちゃんはご満悦の様子であった。

「おい。エルフ。お前、何食っているんだよ?」

 1人で美味しそうなものを食べていることが気に食わなかったのか、犬耳ちゃんが因縁を付けに行く。

「何って……見て分からないのですか? ジャーキーですよ。ジャーキー」
「そんなことは知っているぜ! オレにも少し分けてくれよ」
「え~。嫌ですよ~。ご主人さまから、お小遣いをもらっているんですよね? 自分で買えばいいじゃないですか」

 ご主人さまは毎週の決まった日にエルフちゃん&犬耳ちゃんに対して給料を渡していた。
 中には奴隷に対して一切の金銭を支払わない主人も存在するので、ご主人さまはその点においては良心的であった。

「そんなものはない。全て家族の仕送りに使っているからな」
「ええっ。犬耳さん。そんなことしていたんですか!?」
「オレは8人姉弟の長女なんだよ……。頑張ってオレが稼がないと、今度はチビたちが奴隷にされちまうんだ……」

 この世界は現代日本と比べて、貧富の格差が激しかった。
 犬耳ちゃんの実家のような貧しい家庭では口減らしを兼ねて、家族を奴隷として売り払うケースが常態化していた。

「そんなヘビィな過去を持ち出してきてもダメなものはダメです」

 モグモグとジャーキーを齧りながらもエルフちゃんは告げる。
 あくまで情に流されないドライなエルフちゃんであった。


「異世界エルフの奴隷ちゃん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く