話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界エルフの奴隷ちゃん

柑橘ゆすら

女のバトル!

コツコツと革靴が床を叩く音が建物の中に鳴り響く。
 どこにでもある初心者用のダンジョンの中、3人組のパーティーが探索をしていた。

「うぅぅ……。暗い……。怖い……。ご、ご主人さま……。早く帰りましょうよ」

 その内の1人はエルフちゃん(仮)。
長身、スタイル抜群の人が多いエルフ族の中にあって、160センチに満たない小柄な女の子だった。

「……ご主人さま。敵の臭いが近くなってきたぜ」

 もう1人は犬耳ちゃん(仮)。
身長はエルフちゃんと同じくらい。
頭からピョコンと生えた獣耳が愛らしいライカンの女の子だった。

「2人とも。安心して。俺がついていれば大丈夫だよ」

 最後の1人はご主人さま(仮)。チート職業《勇者》を与えられた世界でたった1人の人間にして、エルフちゃんと犬耳ちゃんの保有主であった。
 ダンジョンの中では様々な危険、面倒事が付き纏う。
 そういう事情もあって金銭に余裕がある冒険者は、奴隷を引き連れてダンジョンに潜ることが多かった。

「おや。さっそく現れたようだね」

 ご主人さまが忠告をした直後、暗闇の中から1匹のモンスターが飛び出してくる。

 ブルースライム 脅威LV 1 

 出てきたモンスターはブルースライムであった。
 この世界におけるスライムというモンスターは最弱種として知られていた。
 中でもブルースライムは水属性魔法に強い耐性を持っている以外に、特筆するべき注意点が存在しない。

「……おりゃあっ!」

 ご主人さまの攻撃。ご主人さまは手にした剣でスライムの体を引き裂いた。
 戦闘そのものは1秒としないうちに終了する簡単なものであった。
 けれども、奴隷ちゃんたちにとっての本当の戦いは――今まさにこの瞬間に訪れようとしていた。

「「流石はご主人さまです!」」

 エルフちゃんと犬耳ちゃん。
2人の口から賞賛の声が上がったのは、ほとんど同時のタイミングだった。

「いやー。それほどでも。たかだかスライムだよ?」
「そんなことはありません! たかがスライム! されどスライムですよ!」
「ご主人さまの剣技! 凄かったぜ! まさに神業! オレ、感動しちまったよ!」
「ハハハ。照れるなぁ……」

 2人に褒められた気分を良くしたご主人さまは、顔を赤くして俯いていた。

(勝った! オレの方がエルフよりコンマ1秒早かった!)
(何を言っているんですか! 犬耳さん。貴方の『さすごしゅ』からは全く愛を感じられせんでしたよ!)

 エルフちゃん&犬耳ちゃんは、周囲に気付かれないよう互いの足を踏みつけあって、対立していた。
 どちらがよりご主人さまからの寵愛を受けられるか?
 このところ2人は女同士の苛烈なバトルを繰り広げていたのだった。
 

「異世界エルフの奴隷ちゃん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く