話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺はショートヘア女王が大嫌い

祈 未乃流

Episode4 文化祭に向けて

「ただいま〜」
今日はなんか色々疲れたな。試合見てあいつと話しただけなのに、アイツといるとエネルギー使うわ。
「おっ!お帰り兄ちゃん」
「なんだ、いたのか脩。今日塾ないのか?」
「今日は塾ないよ!そんなことよりなんかめっちゃ疲れてそうだけど…」
こいつは俺の弟の荒井 脩(あらい しゅう)。10歳である。
「まぁ色々あってな。今日母さんは?」
「今日も夜遅くなるって。何か適当に作って食べてって書き置きがあった!」
「そっか」
うちは父親がアメリカに単身赴任中でなかなか帰ってこない。母も夜遅くまで仕事で帰ってこないので、俺と脩は、大体いつも自分で家事をこなしている。家のために働いてくれているから、少しは休ませてあげたいという思いもある。
「じゃあオムライスでも作るか!」
「やった!俺兄ちゃんのオムライス好きなんだ〜」
「それは嬉しいな〜」
と言って軽く頭を撫でる。いつも遅くまで一人で待ってくれてありがとな。母さんは忙しいし、父さんはアメリカにいるから、親と遊んだりとか親との関わりをあまり経験してこなかった脩は、同い年の子と比べると幾分か落ち着いていて、急に寂しそうな顔をする。だから俺はこいつに寂しい顔をしてほしくなくて、家では脩とずっと一緒にいる
「あっ!そういえばね!」
「ん、どした?」
「今日お姉ちゃんが帰ってくるってさ!」
「涼姉が?」
うちは、長女の涼(すず)姉、長男の俺、そして次男の脩の3姉弟だ。それより涼姉が帰ってくるのか。
「面倒くさくなりそうだな……」
「??」
脩は知らないがうちの姉はほんとに面倒くさい。

「やっほ〜!久しぶりだね〜海七渡っ」
「おい!出会って早々抱きついてくるなよ」
「な〜に〜、嫌なの〜?」
「はぁ〜……」
これがうちの姉、荒井 涼(すず)だ。俺がショートヘアーで、唯一好きになれない人だ。あ、今はもう一人いるな。
「姉ちゃんお帰り!」
「お〜、脩か〜ただいま!」
「今兄ちゃんがオムライス作ってくれるよ!」
「涼姉の分はねぇよ」
「お願〜い」
上目遣いされてもなんとも思わんし可愛くない。
「兄ちゃん、姉ちゃんの分ないの?」
「んぐ……」
脩が悲しそうに俺を見る。そんな顔されたら無いなんて言えねぇじゃねーか。
「今から作るからちょっと待っててくれ」
「ほほう、海七渡も脩には弱いのね〜」
「うるせ」
やっぱうぜぇこの人。なんでこのタイミングで帰ってくるかな。涼姉は都内の一流大学に通っている大学2年だ。一応独り暮らしなのだが、たまに実家に帰ってくる。そして俺をからかって帰る。ホント何してんだか。でも小さい頃は、涼姉が俺達と一緒にいてくれた。こう見えて良い姉なのだ。
「で、なんで急に来たの」
「ん〜?みはほほぼはんがはへはふへ(海七渡のご飯が食べたくて)」
「飲み込んでから喋れよ」
「ゴクン。母さんに頼まれてね。たまには帰ってきなって。」
「また母さんか」
いつも帰りの遅い自分を申し訳なく思っているのだろう。特に脩は、まだ親に甘えていたい年頃でもある。そこを気遣って涼姉に頼んだのだろう。
「いつもありがとな」
「え?///」
「何でもねーよ」
たまには感謝するのも良いだろ。




そして月曜日の放課後、サッカー部は大会を控えている。しかし、俺は文化祭実行委員なので、ずっと部活に出れずにいる。今回の大会のスタメンは厳しそうだな。今週は文化祭、来週は試合。イベント盛りだくさんで体力持つか不安だな。今はクラスで何の劇をやるかを話し合っているところだ。俺が黒板書記で亜実が教壇に立ち、皆の一つ一つの意見に「それいいね!」とか「そんなのあるの?」とか感想を述べている。やっぱ人前のこいつはパーフェクトヒロインだな、本性を晒す隙がまったくない。
だが、ここで不具合が生じた。
「劇とか、だるいしつまんない」
クラスカーストのトップに君臨する女子、成海 友梨乃(なるみ ゆりの)がそんな一言を放った。ここに来てそれ言いますか。不満があるなら多数決のときに言えばいいのに。だからって通ったかはわからないけどな。俺は、亜実に『どうする』っと視線で伝えると、亜実は首を横に振った。これはどっちの意味だ。とりあえず、ここは亜実に任せるしかない。
「友梨乃は、劇が嫌なの?」
「劇が嫌っていうか、準備とかセリフとかもの作ったりとかだるいし」
「そっか。でもどれをやっても面倒くささは残るよ?」
「それはそうだけど、劇以外じゃないと私はやんないから」
クラスの空気は完全に凍っている。俺も内心焦っている。亜実がブチギレて本性を現さないか心配でならない。だが、杞憂だったらしい。
「そっか。でも文化祭は皆で楽しまないとね!なら他に何かやりたいものある人〜?」
おお〜。流石坂木 亜実。クラス内の凍った空気を明るいテンションで緩和させ、成海の意見も配慮している。だが、劇が出来ないとなると当初の狙いは達成できなくなってしまうが、どうするのか。
「ちょっといいかな」
「はいっ!蒼月くんどうぞ!」
「ライブとかって……どう?」
「ライブかー!」
「なんかすげー楽しそうじゃん!!」
「私もいいと思う!」
一瞬にしてクラスの流れを乗っ取った蒼月が俺の方を向いて、スマートにウィンクをした。うわっ、今の、女子だったら一発で惚れるとこだったぞ。
「誰か楽器弾ける人ー?」
「俺ドラム叩けるよ」
「私ベースできるよ〜」
おっ、いい感じだ。これならスムーズに決まるんじゃないか、と思ったが。
「ギター弾ける人は………いないかな」
マズイな。人が集まらなきゃ演奏のしようがないぞ。クラスの皆が焦っていると
「ならギターは私がやるね!」
亜実が元気よく手を上げた。こいつギターも弾けんのかよ!やべぇなほんとに。
「あともう一人ギター欲しいかな」
確かに演奏する曲によってはギターが二人いなきゃ成立しないこともあるしな。でもギターはいなかったけど、どうするんだ?
「もう一人のギターは海七渡がやるからとりあえず揃ったね!」
「…………………は?」

「いやいや、無理だよ!俺ギターなんて弾いたことも触ったこともないぞ!」
「大丈夫!私がしっかり教えるから!」
「だからって今週だぞ!経験者でも厳しいスケジュールなのに俺なんかのド素人ができるわk」
「大丈夫、私を信じて」
う……。そんな自信に満ちあふれた顔されたら何も言えねーよ。
「ってことで、今手挙げてくれた人は放課後残って練習しよう!じゃあ、がんばっていこー!」
「「「おーーーー!!」」」
なんか盛り上がってきたな〜。って思ったけど他人事じゃねーな。マジでギターとか弾けねーけどアイツを信じるしかねーな。

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く