クラス転移でみんな勇者なのに俺だけ魔王だった件

ニートは引きこもりたい

天使界の伝説が始まった日

「クッソー。」

そう言いながらゼンは牢屋の中で寝転がる。
アイツらを甘くみすぎた。もっとしっかり対策を練ってからくるべきだった。
そんな考えがゼンの頭の中で何度も思い浮かぶ。しかし,やはり後悔したところで時は戻らない。深呼吸をして落ち着くとゼンはスキルの確認をした。
(よしっ,とりあえずスキルは使えるみたいだな。)
しかしゼンは盗賊でもなければ経験がある冒険者でもない。なので牢屋を開けたり手錠を解いたりなどはできず現状は変わらなかった。
とりあえずゼンはリンクを使い周りを調べていく事にした。
あれから1週間たった。
牢屋での生活は最高とはとても言えずむしろ生き抜くのがとても難しかった。
まず牢屋の中の環境が一定ではない。暑くなったり寒くなったり。重量が増えたり,挙げ句の果てに過酷な土地にワープしている時もある。
次に食事である。食事は渡されず,ゆういつ食べれるのはワープした先で虫や葉っぱくらいなものだった。
そして,1週間リンクを使い続け周りを調べているのだが,一向に才道とアレプトの気配がしない。それどころか天使の気配さえ近くには全くなかった。

1ヶ月が,たった。
牢屋をみると,ゼンの姿はすっかり変わってしまっていた。前よりやせ細り栄養が足りないのが一目でわかる。そして食事はなんとか出来てるものの,水分の方は全く取れず,自分の唾を飲んでいるだけだった。スキルで水を召喚しようとも思ったが,あれはあくまで周りから材料を集め召喚しているので近くに水蒸気すらないのかちっとも水は集まらなかった。

そしてついには3ヶ月がたった。
そんなある日1つの生命反応がゼンのリンクが完治した。その生命を牢屋まで導くとそれは1人の中年男子だった。

「お前、一体どうしたんだ?」
男がそう聞くとゼンは覚えている限りの出来事を説明した。

「そうか、じゃあ反撃するぞ。」

「!?」

「まぁ、まずはその前に生き返る事だな。ちょっと待ってろ。」
男はそういうと牢屋から立ち去ったがすぐに食料と飲み物を持って戻ってきた。
ゼンは渡された食料を一気に食べ飲み物も一気に飲んだ。

「ップハー、生き返ったぜ〜。」

「案外元気そうだな。」

「嫌,ほんと助かったぜ。オッサン名前は?」

「名前?名前は19万3455号だぜ。」

「長い。よし今日からお前はギャップな。」

「ギャップ。よくわかんねえがありがとな。」

「それよりギャップ。この天使界で起こっている事,天使は一体誰の命令で動いているのか,この2つをまず教えてくれ。」

「あ,あぁわかった。えっとな,まずココで起こっているのは,最近あの方の言うことを聞かない地上人が多いとか言っていたな。後,そこし前に,強い戦士が帰ってきたらしいぞ。命令している奴はわからねえ。悪いな。」

「まっ,だろうな。命令している奴は大体見当がついているし,おそらく天使の役割はあの方が望む世界を作ることか?まぁ,まだわからなくていいか。」
ゼンがそう独り言を言いはじめると,ギャップは空気を読んで少し静かになった。すると,少しゼンは疑問に思ったのかギャップにこんな事を聞いてきた。

「なんでお前,俺を助けたんだ?お前らからしたら俺は敵だろ?」
するとギャップは,

「俺は今まで天使は全ての人間を幸せにするために動いていると思った。……でも違った。俺は人間が好きだ。だから俺はお前を助けたんだ。」

「ふーんそうなのか。さて,それじゃギャップ。まずお前にやって欲しいことが2つある。1つは俺がここから出た後かくまってくれ。そしてもう1つは俺と一緒にココを変えようぜ。」

「お,俺がココを変える!?」

「そうだよ。お前がココの王になれば俺も安心だ。明後日にまたここに来てくれ。そしたら俺は脱出するからよ。」
突然の話についてこれないのか少し考えていたが覚悟が決まったのかギャップはゼンの目を見て言った。

「わかった。俺もココを変えたい。今の天使は間違っている。協力させてもらうよ。最後に君の名前を教えてくれないかな?」

「いいぜ。俺はゼン・リロード・
リバル。さっさとこの国を変えちまおうぜ。」
そして明後日になりゼンは脱走した。1人の天使を味方にして。

「クラス転移でみんな勇者なのに俺だけ魔王だった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く