クラス転移でみんな勇者なのに俺だけ魔王だった件

ニートは引きこもりたい

激闘

今、現在血を流し倒れているゼンを見て

「意識はあるか?
これでわかっただろう。
俺とお前の力の差を。」

ゼンは答えない。

「沈黙か,それとも意識を失っているのか,まぁ,どちらにしろ無駄な時間を過ごした。
あちらの様子も気になるな見に行ってみるか。」

そう言いその場を離れようとしたら地面が泥になった。
少し足を取られたが才道はすぐに空を飛び回避する。
そのまま宙に浮かんだまま前の方を見る。
しかし,ゼンは倒れたままだ。

「偶然か?」

そう言い立ち去ろうとするが,どうしてもゼンから目が離せない。
離した瞬間もう次の攻撃が来るのではないかという予感がしてならない。
少し悩んだ後,才道はゼンの横に降り様子を見てみる。

なんの反応もない。
いるのは指1本も動かせない少年だけだ。
すると才道は背中に強い衝撃をくらった!

「なんだ!」

空中で体制を立て直した後,後ろを見てみると,そこには黒い棒が浮かんでいた。

「主の意識がなくても動くのか。
さて、どうするか。」

考えてるうちに再びリリィは攻撃を繰り返した。
それを才道はさばき避けるが攻撃が当てられない。
すると、下から土がトゲ状になり才道の方に向かってきた。
それを才道は砕いたが砕いた瞬間中からゼンが飛び出し才道を殴り飛ばした!

才道は地面に着地した後ゼンを見るとすでにゼンはおらず後ろから再び殴られた。

「ヘヘッ,どうだ。
1発当てたぞ。」

起き上がるとゼンがそう言ってきた。
才道は返事をせずゼンを殴ったがゼンは吹き飛ばずその場に踏みとどまり才道に頭突きをかます!
頭突きをくらいながらゼンの足元を見るとゼンの足が地面に埋まっていた。

「やっとこの場を操れるようになった。」

「どういう事だ?」

「つまりココからが本当の勝負だ!」



そう言った瞬間才道は横から衝撃をくらった。
才道が空中に逃げると今度は上から衝撃が襲う。
くらって才道は理解をした。
(なるほどコレは空気の塊か,つまりどれだけ離れても攻撃は来るということか。)

理解した後ゼンに向かって殴りかかったが空気の壁に邪魔されるしかしそれを無理やり砕いくとゼンは少し驚いた表情をしたとともにその場から消え才道を後ろから肘打ちをかました!
再び地面着地するとゼンがこちらに向かってくる。
すると才道が,

「なるほど,コレは少々厄介だ。
………よかろう今のお前には俺がスキルを使って戦う資格がある!」

そう言うと再び才道の前からドラゴンが現れゼンに向かってくる。
再びゼンがその場から消え後ろから才道を殴ろうとしたら才道の後ろからもドラゴンが出現しゼンの攻撃を防いだ。
ゼンは少し離れたところに着地した。

(リリィ,アイツのスキルわかったか?)

(いえ,ドラゴンを召喚できるスキルは聞いたことがありません。)

ゼンが不思議がっていると上から無数の剣が降り注ぐ。
空気を盾にして防ぐと前からドラゴンがブレスを吐くそれを瞬間移動で避け才道の方に向かうと才道は黒い球を手にして,

「雷嵐」

そう言いゼンに向けて発射してきた,それをリリィで弾き返そうとするが返せず弾き飛ばされる。

「どうした!
もう終わりか?
俺はまだまだ余裕だぞ!」

すると,今度は才道の前にありとあらゆる武器が出現する。
(あの野郎,一体いくつスキル持ってるんだ。)
そう思ってると前から剣が再びゼンに向かって飛んでくる。
それをジャンプして避けると空気を蹴り才道の方に向かうと目の前で飛行機がゼンの方に向かって飛んでくるそれを黒光で腕を剣にし貫き飛行機の中に入るとそこに数え切れないほどの爆弾が置いてあった。

「こんなん考えられるかよ。」

そう言い苦笑いすると爆弾が一斉に爆発していく。
上を突き破りそれを避けると上から巨大な剣が降ってくる!
(それはでけぇよ。)
飛行機が爆発しゼンは吹き飛ばされる。
すると、吹き飛ばされた方向から才道が龍に乗って向かってくる。
ゼンは龍に着地すると黒光で龍を刺した。
すると,龍は最初からいなかったかのように一瞬で霧となり消えた。
(本物じゃない?)
そう思いながら地面に落ちていく。
着地すると才道が今度は無数の魔法を打ってきた。しかも全て中級以上の魔法を。
ゼンは空気の球を無数に作り魔法にぶつけていく。
そのまま才道の方に向かうと才道が再び無数の龍を出現させゼンの方向に向かわせる。
リリィを使いそれを叩き相殺していると龍の口から才道が出てゼンを殴り飛ばす。
そして龍もゼンにかぶりついていく。

「うわぁぁぁぁぁぁぁぁ」

そう叫びながらゼンは才道から離されていく。
攻撃が終わり煙が腫れていくと煙の中に血だらけのゼンが立っていた。

「久しぶりにいい勝負が出来た。
さてそろそろ終わらせるか。
光栄に思えこの俺の本気で終わらせてやる。」

そう言って才道がいくつか呪文を唱えると才道の姿が消えなんと例えればいいのかわからないがあえて例えるならエヴァンゲリオンの使徒のようなものが才道がいた場所にいた。


「クラス転移でみんな勇者なのに俺だけ魔王だった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く