クラス転移でみんな勇者なのに俺だけ魔王だった件

ニートは引きこもりたい

不穏な影

ゴブリンキングを倒した後ゴブリンロードとネオゴブリンが普通のゴブリンに戻った。
どうやらキングに力を与えられていたというのは本当だったらしい。
あの後,ゴブリンたちは、戦わず一目散に全員逃げていったし,とりあえず街はもう大丈夫だろう。
ただ,実は倒した後ゴブリンキングの記憶をリンクしてみてみたのだが、その記憶の中に黒髪の男に力を与えられたシーンがあった。
確かアレプトが言うにはこの世界に黒髪はいないらしいが,もしかして俺のクラスメイトの誰かの可能性が高い。
しかし,俺はクラスメイトの顔を全く覚えていない。
そのため誰が犯人か全くわからないのだ。
まあ、ソイツはもうココらに居ないようだし今は悩んでも仕方ないか。


ゴブリンキングの反応が消えた。

「まあ、いいか。
あんなザコ1匹いなくなったところで俺の計画に支障は出ない。」

黒髪で全身黒ずくめの服を着た男がそう言う。
そして,その男の周りには人と魔物の死体で埋め尽くされていた。
男はため息をつくと,また何もなかったかのような顔をしながら歩み始めた。
己の目的のために。

「クラス転移でみんな勇者なのに俺だけ魔王だった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く