クラス転移でみんな勇者なのに俺だけ魔王だった件

ニートは引きこもりたい

魔王の賭け決闘(アメッサ視点)

作者です。長くするのも面倒だから1話で終わらせます。長くなるかもしれませんが、最後まで見てください。


「それじゃあよーい始め。」そう言われた途端,私は、早く終わらせたかったから、スキル,召喚で、最大の5体の召喚をした。「アンタ達、さっさと終わらせるわよ。」そう言って,いつも通り、前衛3体後衛2体の戦術で行った。最初は、相手は何も出来ず、逃げ回っていただけだった。やはり,噂通りハズレの魔王らしい。だけど、途中彼の手に急に漆黒の棒が召喚されていた。しかし,棒を持っても、以前状況は変わらなかったので、少し楽しめるかと思っていた、期待もなくなった。そう思っていたら、彼が,魔物の1体に、体当たりをした、(その棒は、なんのためにあるの?)私は、残りの2体に、後ろから爪で切り刻むよう命令した。避けるかと思っていたが、あっさり,攻撃は、当たっていた。(ガムシャラに体当たりしただけか,)しかし,彼は、怪我の事など、気にしずに、今度は後衛の2体に、体当たりをした、(何がしたいのやら)そう思うと一旦引いたので、私も陣形を直した。
今度は、向こうから攻めてきたので、前衛の3体で,一気に終わらせようと思い,向かわせたが、彼は見たことのない受け身をして,さらにこっちに突っ込んできた、ちょっと驚いたが、後衛の2体に対処を任せたが、いきなり岩が動いて,私の魔物5体の中心を串刺しにした。予想外の出来事に私は、彼が攻撃を仕掛けてくるのに対処が遅れたが、しっかり、防御できた。(中々やるじゃない,防御の練習しといてよかった。)そのあと,追撃はしずに、彼はそのまま一旦引いたので、私も,また5体魔物を召喚した。彼は、先程と同じ戦法を取り,また引いた、その時私は、彼が笑っていることに気づいた、何をしてくるつもりかわからないけど、彼から目を離さずどんな戦法で来てもいいように構えた。
すると、突然体に異変が起きた。なんと,心臓が動いているのに、血が巡らないのだ。急に意識が朦朧としてきたが,なんとか保ってると,私の魔物も同じように苦しんでいた。前を見ると、彼が,すごい勢いでこちらに近づいてくるのがわかった。私は、慌てて今使える攻撃魔法を乱射したが、なんと,彼が魔法を打ち返しているではないか、数が多かったのか、うち返せてないのもあるけど。勝負を早く終わらすために、私は、中級魔法を使った、打ち返せる大きさではない、やっと勝った、と私は、思ったが、次の瞬間、彼が岩を操り壁にして魔法を防いだ。私はこの瞬間負けを認めた,自分が相手を侮っていた、ハズレという噂を聞いたから、戦闘に慣れてない私でも勝てると思っていたから、実質、最初は彼は逃げ回っていただけだ。だが、そこからの、心構えが違った、そうして,彼が横に振りぬいた棒に当たった瞬間私の意識は消えた。


作者です。長かったですかね?後見直して思いました。分かりにくいなぁって。
ホンットすいません。こればっかりは作者の実力不足です。(馬鹿野郎何やってんだ俺。)さて,ちょっと今週からテスト始まるんで、すいません、更新ができないと思います。あっ、でも,もし書く暇あったら書くんで、更新できる可能性が、ほんのチョッピリあります。(いや、勉強しろよって思うんですけどね。できないもんは出来ないんっすよー(泣)だってーむずいんだもん勉強って)グチってすいません。誤ってばっかっすね。それでは、またジカイ。

「クラス転移でみんな勇者なのに俺だけ魔王だった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー318179

    ×追撃しずに→○追撃せずに

    0
コメントを書く