クラス転移でみんな勇者なのに俺だけ魔王だった件

ニートは引きこもりたい

魔王の賭け決闘1

「それじゃあ、よーい始め。」
そう言われた途端,アメッサは、いきなり5体の、魔物を召喚した。
「アンタ達、さっさと終わらせるわよ。」
そう言われまず3体の魔物が俺に向かってくる。魔物は、どうやら俺が初めてあった狼もどきらしい。
まだなんの準備もできてなかった俺は、必死に逃げるしかなかった。
「おいおい、頑張れ,逃げてばかりじゃつまんないぞ。」
そんな声がたくさん聞こえてくる。どうやら話が広まって魔王が集まってきたらしい。
そんな事考えてる場合じゃない。俺もこの状況をなんとかしなければ、まずこのままの状態では絶対勝てない。となれば俺もスキルを使うしかない。
血脈,細胞操作は,体の血の巡りや細胞の再生能力を活性化させたり止めたり出来る例えばこれで血液を加速させたら、運動能力が上がるが、それでも、俺では、魔物5体は無理だろう。次にルーレットは論外
誰が使うものか。最後にリンクだが、これは、全く効果がわからない、スキル説明がないのだ。しかし,今の俺には、これしかないダメ元で使ってみるか,
[スキル リンク発動]
すると、突然俺の手に俺の身長ほどある漆黒の棒が握らされた。(なんだこれ?)
(初めまして、マスター私はつなぎ棒と呼ばれています。)
うおっ、びっくりした。まあ、とりあえず
(スキル,リンクの説明をしてくれないか?)
(はい、マスター,リンクは、マスターか私が触れたものが操れます。ただし、マスターの半径20メートルくらいです。そして物だけではなく、人や魔物ともリンクできます。)
(人や魔物は操れないんだよな。)
(はい、流石にそれは無理です。ですが、マスターとリンクさせれば、スキルを共有できます。しかし,これは、マスターのスキルだけです。)
(ありがとう。大抵のことは理解した。)
(いえ、お礼なんて、私は、マスターの物です。これからも、私を頼ってください。)
とりあえず,地面とは、リンク出来てる。
これで,地面を操ることができるはずだ,半径20メートルだけ。後は魔物触れれればいいんだけど、しゃあない男だしな、覚悟決めるか。


作者です。いよいよバトルが始まりましたね。新キャラ?も登場です。名前は後々出します。では、アイディア出てるので忘れないうちに続けて書きます。少々お待ちください。

「クラス転移でみんな勇者なのに俺だけ魔王だった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く