クラス転移でみんな勇者なのに俺だけ魔王だった件

ニートは引きこもりたい

魔王会2

会場に入った途端声をかけられた。
「よう,カタリナ今日こそ一杯付き合ってくれよ。」

「悪いね、今日は新入りのお目付役できてるんだ。」

「お前が、お目付役をやるなんてどんなすごいやつなんだ。」

「いや、ハズレを引いちまった全然強くねえんだよ。」
本人がいるのにハズレとか言わないでほしい(まあ事実だけど)。
「そいつは残念だったな。んでこいつのことか?」

「ああそうだよ。名前はゼン,スキルもロクなのじゃなかったね。」

「よう,新入り俺は、ゲンボーと名乗ってる。まあ、最初の名前は忘れちまった。」

「はあ、ゼン,リロード,リバルと言います。よろしくおねがいします。」

「お前,フルネームで考えたんかよ。
普通そんな奴いねえぞ。」

「えっ、そうなんですか?」

「そりゃ大抵めんどくせえだろ考えるの
だから、珍しいんだ。」

「おい、話しを聞くのはいいが、今は挨拶が先だ行くぞ。」

「おおーと確かにそうだな,じゃあゼンまた後でな。」
その間もカタリナが先に行くので、別れの挨拶も出来ず、ついていくしかなかった。


作者です。すいません。遅くなりました。
アイディアが全く出てきませんでした。
さて、新キャラが登場しましたね。名前は適当です。魔王全員そうするつもりです。
アダ名ぽくして覚えやすくしますので覚えておいてほしいです(まあ、作者がキャラを忘れないようにするためですけど。)
これからも頑張っていきます。

「クラス転移でみんな勇者なのに俺だけ魔王だった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く