俺の彼女はオタクだけど俺はオタクじゃない。

馬場ちひろ@小説

第一章 転校生との出会い

そうこうしてるうちに、ご飯を食べたお茶碗を直ぐに片付けて家の戸締りをちゃんとして家の扉の鍵をカチャっと閉めて学校へと向かった。

俺の通う都立蒼ノ丘高等学校あおのおかこうとうがっこうは総合学科の学校だ。
学科は三つある。農水産業科、福祉・医療専門科、情報ビジネス専門科に分かれている。
もちろん俺は情報ビジネス専門科を選んでいる。
高校を卒業したら、親元を離れ少し高校から離れた私立大学のビジネスに行くつもりだ。

だがしかし、俺には卒業する前に一つやらなければ行けないことがある。

それは彼女を作りリア充になることだ。

すると死角の方から美人の女の子が物凄い勢いで走ってきて俺とその女の子はドンッとぶつかり俺とその子は倒れた。俺は直ぐに立ち上がり「おい! 君、大丈夫か? しっかりしろ!」
と俺は心配そうに言ったがその子は気を失っていた。「こうしちゃいられない。」とすぐにその子を抱き抱え、物凄い勢いで学校へと走って向かった。
学校に着いた途端、遅刻確定だったが俺はお構い無しにその子を保健室へ連れて行った。養護教諭の刻郁ときと先生からは「その子はただの気絶だよ。しかし見かけない子だねぇ。」と言われた。
「そうですか。俺はそろそろLHRロングホームルームがあるので教室に戻りますね。」と言って保健室を後にして教室に戻った。
私は竹原なつみ。十七歳。お父様竹原柊哉がアニメーション制作の会社で遥々、地方の田舎から東京に引っ越してきた。
私は、お父様の影響でアニメが好きになった。部屋には隠し扉と隠し部屋があり、そこには数知れずのフィギュアやタペストリー、ライトノベルは千冊以上ある。私はアニメが好きなんだ。アニメに恋してるんだってね。そう、思っていたのに。あの日までは。
今日は転校初日。朝ご飯や身支度を済ませた私は、学校へ向かった。私は「オタクの友達作れるといいな〜」と思いながら歩いていると子犬が一匹倒れていた。私はその犬を抱きしめ、カバンの中に水があったのでその犬に飲ませた。その犬は元気になった。近くに飼い主が来てその犬は飼い主の元に戻った。
そうこうしてるうちに私は早く学校に向かった。遅刻する。物凄い勢いで走っていると男子にぶつかってしまった。その男子とぶつかったことの私は覚えていない。気がついて目が覚めたら保健室にいた。
「あら。気がついた?さっき、千靖っていう君と同じ同級生が助けてくれたよ。」と養護教諭の刻郁先生に言われた。
私は「そうなんですか。優しい方ですね。自己紹介が遅れました。私は今日から転校してきた竹原なつみといいます。お父様の仕事の都合でこちらの学校に引っ越してきました。」と言った。
刻郁先生は「やっぱりかぁ。いやぁ〜。最近、どうも転校生が多くてなぁ〜。どうしたものか〜。」と微笑みながら言った。
私は、「そうなんですか。まあそれぞれ家庭の事情はありますよ。」と笑って言った。
刻郁先生からは「あ。そろそろLHRロングホームルーム始まるぞ〜!なつみもそろそろ教室に戻れよ〜。まさかなつみ、まだ千靖のこと気にしてんのか?」とニヒッと言われた。 私は、「先生、な、な、何言ってるんですか〜。そ、そんなことないですよ〜。千靖くんって人顔もうる覚えですし、それに実は私、オタクですし。気にしてないですし。」と照れそうに私は言った。
「冗談だっての。ほら早く行かないとLHRロングホームルーム過ぎて千靖に会えなくなるぞ〜。」と刻郁先生は言った。「ふぇえ。そんなことないですよ〜。わ、私、も、もう教室に戻りますね!」と私は顔を赤くしながら保健室を後にし出ていった。廊下を歩いていると、向こうから身に覚えのある声が聞こえた。そう、キラキラと輝いてる。私を助けてくれた千靖くんだ。すると、千靖くんが向こうから話しかけてくれた。「よ!君、起きてて大丈夫なのか?あ。自己紹介まだだったな。俺は千靖だ!よろしくな!」と笑って言った。私は、胸の奥が張り裂けそうになった。「わ、私はた、竹原なつみだよ。お父さんの仕事の都合で地方から転校してきたんだ。うん、大丈夫だよ。急にぶつかってしまってごめんね。助けてくれてありがとう。よろしくね。」と顔赤くしながらも言った。私は思った。千靖くん優しいなぁと私は千靖くんに一目惚れして恋をしてしまったのです。あの日あの時までは。

「俺の彼女はオタクだけど俺はオタクじゃない。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く