《完結》男が絶滅していく世界で、英雄は女の子たちをペロペロする

執筆用bot E-021番 

119話~シラティウスの戦いⅠ~

「これで、大丈夫だと思うんだが……」



 そう言ってカールが薬を煎じてくれた。セイに飲ませた。セイは相変わらず眠り続けている。



 宿。



 ベッドで眠っているセイのまわりには、女たちが集っている。《愛を求めるもの》アストランチアたちと、カール・セルヴィルとクロニル・セルヴィル。それからザンザとテルデルンだ。



「まさか、クロカミ・セーコがクロカミ・セイと同一人物だったとはな」
 と、ザンザとテルデルンのふたりが唖然としている。



 女たちはセイの身を案じているようだが、全身から桃色の熱気を放っていた。目の前に男が無防備に寝ている。男のほんのわずかな体臭が、この場にいる女たちをウツロにして、腰砕けにしてしまう。



「添い寝してあげようかしら」
 なんて言い出す者までいる。



「体調が悪いんだから、ジッとしてあげて」
 と、シラティウスはみじかく警告した。



 ここにいる女たちがウットウシイ。シラティウスは苛立っていた。自分のペットが他人に取られてしまったような気になる。なるべく冷静になるようにしている。あまり怒ると、ドラゴンになってしまいかねない。



「ところでクロカミ・セイに毒を盛った者はどこへ?」
 と、ザンザが尋ねてきた。



「隣室に拘束してる」
 と、シラティウスが応じた。



「様子を見に行って来よう」
「私も」



 ザンザとシラティウスは2人だけで隣室へと移動した。残された女たちが、セイに何かするのではないかと心配だった。だが、いくらなんでも毒で苦しんでいる男を相手に、イタズラは仕掛けないだろうと思った。



 隣室。



 セイが寝かされている部屋よりかは小さい。2人部屋だ。セイに毒を盛ったプラチナブロンドの女は、ベッドに縛り付けてある。大の字になってうつ伏せに寝ている。白くて大きな尻が真っ赤に腫れ上がっていた。ずっとすすり泣きを続けている。



「こ、これは?」
 と、ザンザが眉をしかめて尋ねてくる。



「私がお尻を叩いた」
「何故?」



「誰の指図で毒を盛ったのか。他にもいろいろと聞きだしたいことがあったし、それに楽しかった」



 尋問ではあったのだが、シラティウスは楽しんで行った。手を使うと痛いから、乗馬用のムチを馬小屋から持ってきて行った。



「もう、止めて。なんでも言うから」
 と、女が悲痛な声をあげる。



 この声を聞くと、シラティウスは胸の奥が軽く跳ねる感覚を受ける。他人をいたぶるのが好きなのだ。



「もう少し遊ばせてもらう。尻の肉が裂けるかもしれないけど、毒を盛ったんだから、これぐらいは我慢してもらう」



 ひぃぃッ――と女が悲鳴をあげた。



「もう止せ」
 と、ザンザがシラティウスの振り上げた腕を制止してきた。



「なぜ止める?」
「見ていて痛々しい」



 ベッドに縛り付けられた女は、尻をヘコヘコと上下に降っている。



「あなたが裏切り者だから、その情報を引き出されるとマズイから――。違う?」



「なにを言っているのだ」
 ザンザがつかんでいる手を、シラティウスは弾き飛ばした。



「まだトボけるつもり? もうとっくに情報は引き出している。フォルモルを東門に、キリアを副市のバービカンに行かせたのもあなた。そして、セイのことを築城修道院へ向かわせたのもあなた。マッシュ・ポトトを都市の中に招切れたのも、あなた」



 シラティウスはムチを、ザンザに向けた。



「なるほど。すでに尋問は終了済みというわけですか、とシドは納得します」



 ザンザの変装は溶けてゆき、シドの本性があらわれた。



「……」



「ここなら、あなたはドラゴンになれないでしょう」



 シドはそう言うや否や、ダガーを抜きはらった。逆手に持って、上段から斬りかかってきた。



 シラティウスはあわてて飛びずさる。ムチで応戦した。横に凪いだムチを、シドは屈んでかわした。身をかがめたまま疾駆してくる。ダガーを器用に手元で回転させて、順手に持ち替えていた。



 軽くワキバラを斬られた。



「くぅ……」
 痛い。
 着ていたメイド服が血でにじんだ。



「前回はドラゴンになっていたから、相手にならなりませんでした。ですが、ここなら、私のほうが優位」



 シラティウスは武芸はあまり得意ではない。ドラゴンになって、チカラで圧倒することだけが武器だった。



「父は私の母を捨てた。ドラゴンも男も大嫌いです――とシドは宣言します」



 シドはふたたび逆手に構えて、シラティウスの首にダガーを突きたてようとしてきた。


(これは……)
 避けれない。



 ドラゴンになれば良い。でも、ここにドラゴンになったら、セイに被害がおよぶ。毒がきいているのだ。これ以上のダメージは与えたくない。



「く……」
 シラティウスは歯ぎしりした。

「《完結》男が絶滅していく世界で、英雄は女の子たちをペロペロする」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く