《完結》男が絶滅していく世界で、英雄は女の子たちをペロペロする

執筆用bot E-021番 

116話~キリアの戦いⅠ~

 副市バービカン。



 バービカンというのはつまり、城門棟よりすこし出張ったところにある部分のことである。



 構造上出張っているというだけであって、もちろん城壁に守られているし、都市の内部であることに違いない。



 しかも跳ね橋をあげてしまえば、掘りが都市を守ってくれる。



 単純なモンスターであれば侵入を許すことはない。



 しかし――。



 剣の結び合う音が、バービカンの内部に響きわたっている。亡霊どもが入り込んでいるのだ。



 亡霊は斬っても斬れる存在ではない。



「くそったれッ」
 と、キリアは吐き捨てた。



 そう言うキリアにも、亡霊が襲いかかってくる。手に槍を持つ亡霊たちだった。槍の柄めがけてコブシを打ち込む。柄が粉々に砕けた。亡霊たちの持つ武器を破壊していくしかない。



 しかしこれでは――。



「ジリ貧だッ。術者がいるはずだ。探し出せッ」



 キリアはさっきから、マッシュ・ポトトのことを探している。ヤツがいるはずなのだ。見当たらない。



 まさか都市の外から亡霊を出しているのだろうか。ならば、城を出て迎え撃つしかない。亡霊たちと剣を結び合っていた冒険者たちに、疲労が見えはじめている。



「苦戦しているようだから、手を貸してやるのだ」



 城壁の上から、何から跳び下りてきた。
 モンスターか?



 違う。



 真っ赤なドレスに身をまとった少女だ。瞳も髪も赤い。鮮血の少女。無垢な面をしているその少女を、キリアはよく知っていた。



「レリル・ロロナかッ!」
 身構えた。



 この厄介な事態に、さらに厄介なものが跳びこんできたとヘキエキした。杞憂だった。



「聞いてなかったのか? この貧乳筋肉娘。このレリル・ロロナが援護してやると言っているのだ」



「ひ、貧乳だとッ。失敬な。私はそこそこあるぞ。すくなくとも貴様よりかはなッ」



「なッ。ま、まぁ良いのだ。あの殿方は胸などよりも、腋に興味があるようだからな」



「は? なんの話だ」



「このレリル・ロロナのチカラが必要なのだろう」



 ロロナはそう言うと、大鎌を振り回した。
 あたりにいる亡霊たちが、一斉に刻まれてゆく。



〝斬印〟
 ありとあらゆる物体を斬るという魔法だ。



「その鎌は……」
 たしかセイが破壊したはずだ。



「わざわざ新調したのだ。これは命を刈り取る鎌ではない。私の進むべき道を切り開く鎌なのだ」



 一振り、二振り。
 亡霊たちが消されてゆく。
 仲間になるとずいぶんと頼もしい。



「どういう風の吹き回しだ」



「あの鎌を壊されてから、私は自分が誰かに止めて欲しかったことに気づいたのだ。あの殿方が止めてくれた。あの殿方が私を求めてくれた。だから援護してやるのだ」



「あの殿方というのは、もしやセイのことか?
「もちろん」



 キリアは混乱した。



 この暗殺者にいったいどういう心境の変化があったのか。腋がウンヌンと言っていたが、よくわからない。



 ただ、恋をする乙女の顔をしていた。



「事情はよくわからんが、援護してくれるならありがたい」



「勘違いするなよ――なのだ。私はあの殿方のために援護するのだ。貴様たちなど興味はないのだ」



「セイを求めているのは、貴様だけではない。女はみんなあの男を求めている」



 セイを見ていると、キリアはときおり切なくなる。



 どれだけ想っても、決して自分の腕の中におさめておくことはできないのだ。



「マッシュ・ポトトは橋にいる荷物の中に隠れているのだ」
 ロロナはそうつぶやいた。



「橋だと? ウソじゃないだろうな?」



「脳みそまで筋肉なのか? このロロナがわざわざ援護してやっているのだ。ウソなんかつくわけないのだ」



 たしかにウソではなさそうだった。 

「《完結》男が絶滅していく世界で、英雄は女の子たちをペロペロする」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く