《完結》男が絶滅していく世界で、英雄は女の子たちをペロペロする

執筆用bot E-021番 

108話~サファリアの構図~

 都市サファリアには主体となる都市があり、水掘りの向こうには副市がある。



 ぐるりを城壁で囲まれており、容易に敵の侵入を許すつくりではない。都市の入口となるのが西と東にある城門棟だ。その城門棟も今は跳ね橋があげられているので、そう簡単にはモンスターは入れない。



 手薄いのは副市のほうだ。もともと空堀だった場所に今は水がたまっている。そこは問題ないとして城前バービカンからの侵入が考えられた。



 そしてもう一つ心配なのが――。



 都市に寄り添うようにして建てられている築城修道院だ。シルベ教の修道院になっている。子供を多く引き取っており、孤児もたくさんいるということだった。



「以上が、この都市のおおまかな構造です」



 そう言ったのは、イティカ・ルブミラルの後を継いでギルド長として立っている、ザンザだった。



 もともと《シャクナゲ級》の冒険者である2人――ザンザとテルデルンは、イティカ不在の今、冒険者を取り仕切る立場にいた。



 冒険者組合。



 いつもは賑やかな場所だが、今は冒険者たちが出払っている。セイとキリアとフォルモルとシラティウス。



 それから、ザンザの5人しかいなかった。ザンザがセイたちにたいして、状況を説明してくれているのだ。



「すると、問題なのは築上修道院というわけですか」
 机上に広げられた図面マップを、セイは指差した。



「その通りです。モンスターの軍勢に囲まれているため、迂闊に援護を出すこともできません。そこで現在このサファリアにおいて、屈指の戦力となるセーコさまに向かってもらおうと考えております」



「シルベ教の修道院ですよね?」
「ええ。それが何か?」



 タギール・ジリアルの件もあり、シルベ教を信用して良いのかわからないところがある。そのことを言った。



「このモンスター騒動の件に、シルベ教がどの程度かかわっているのかはわかりません。なににせよ、修道院にいる子供たちは心配です」



 それもそうだ。
 助けに行くのは良いが――。



「それは、私ひとりで行くことになりますか?」



「いえ。《愛を求めるもの》アストランチアのクランが協力を申し出ています」



「ああ。あのクランですか……」



 セイの素性に気づきはじめているゴウス・エイン率いるクランだ。信用しきれないところがあるが、まさかこの緊急時に妙なことはしないだろう。



「それから、キリア・ユーナさまは副市バービカンの守備にあたってください。どうも人ともモンスターとも見分けのつかぬ厄介な連中が攻撃を仕掛けてきておりまして」



 ザンザは眉宇をくもらせそう言った。



「厄介な連中?」
「亡霊――とでも申しましょうか……」



「なるほど。了解しました」
 と、キリアはうなずいた。



 亡霊と言うと1人しか思いつかない。キリアの仇敵であるマッシュ・ポトトがいるのだろう。



「それから東口の城門棟に負傷者が多数出ております。できればフォルモル・ラレンチェさまには、そちらの負傷者を見てもらいたいのです」



「東口に何か?」
 とフォルモルが尋ねる。



「ケルベロスが城門を突き破ろうとしていて、止めるのに苦労したのです」



「わかりました」
 と、フォルモルは大きくうなずいた。



 ケルベロス――つまりそれを操るタギール・ジリアルがいるということだ。



「城門棟は堅牢です。跳ね橋をあげた今は、ケルベロスも手を出しあぐねているので、負傷者のほうをお願いします。すでに、薬師のカール・セルヴィルが向かっているはずです」



 キリアとフォルモルは冒険者ギルドを出て行き、おのおの指示された持ち場に向かった。フォルモルにとっても、キリアにとっても因縁の相手がいるのだ。2人の乙女の背中からは強い闘志が感じられた。



「それではすぐに《愛を求めるもの》アストランチアの者たちが来るはずなので、セーコさまはここでお待ちください」



 そう言い残すと、ザンザも冒険者組合を出て行った。
 残されたのは、セイとシラティウスである。



「私は?」
 と、シラティウスが無表情を、セイに向けてくる。



「シラティウスは人前で魔法を使ってないからな。まさかドラゴンになるだなんて、誰も思っちゃいないだろ。戦力として見られてないんじゃないか?」



「不服」
 シラティウスはそう言うと、セイのワキバラをツネってきた。



「痛いって」



「なんなら私がドラゴンになって、外のヤツらを蹴散らしてきても良いけど」



 シラティウスなら、それも可能かもしれない
 一瞬そう思ったが、さすがに無謀だ。



「とんでもない数のモンスターが集まってるんだぜ。ケルベロスもいるらしいし、今は様子を見よう」



 セイも築城修道院に行かなければならない。シラティウスに何かあったとしても、助けに行けない。



「わかった」
 と、シラティウスは座っていたイスから跳び下りた。



「どこ行くんだ?」



「私はお呼びでないみたいだし、宿に戻ってお昼寝」
 シラティウスはそう言って頬をふくらませた。



「だからって油断するんじゃないぜ」
 そう忠告しておいた。



 マッシュ・ポトトとタギール・ジリアルが動いているということは、シラティウスの敵対者であるシド・アラインが動いている可能性は非常に大きい。シラティウスはわかっているのか、返答なく立ち去ってしまった。

「《完結》男が絶滅していく世界で、英雄は女の子たちをペロペロする」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く