《完結》男が絶滅していく世界で、英雄は女の子たちをペロペロする

執筆用bot E-021番 

106話~籠城戦の合図~

 都市サファリアのいつもの宿。
 シラティウスとキリアとフォルモルに囲まれて、セイは眠っていた。



 カーン、カーン、カーン。



 けたたましく響く警鐘の音で目をさました。いったい何を意味する鐘なのかわからなかった。ここ数日、サファリアにとどまっていたが、聞きなれぬ音であることは確かだ。



「敵襲かしら?」
 とフォルモルが眠たげに言った。



 ベッドシーツをカラダに巻きつけている。豊かな乳房が盛り上がっている。かいま見える乳肉には青い血管が見て取れた。



「敵襲ってこんなときに、戦争なんかしないでしょう」



「でも、ただの鐘じゃなさそうよね」
「ですね」



 セイが様子を見に行くことになった。宿から出る。ストリートはあわただしかった。冒険者たちが城門棟のほうに走っている。



「何かあったんですか」
 1人を捕まえて、そう尋ねた。



「モンスターどもが徒党を組んで、この都市を包囲しているらしい」



「モンスターが?」



「城門はすぐに閉めたが、かなりの数だって話だ」
 と――いうことだった。



 今までモンスターと戦ってきたが、都市を攻めるような知恵があったとは思えなかった。ホントウにモンスターがこの都市を包囲しているのか……。疑うわけではないが、自分の目でたしかめなければ、信じられなかった。



 都市サファリアの中央付近に、シルベ教の教会がある。シルベ教は、このフィルドランタにあまねく広まっている宗派であるため、たいていの都市には教会や修道院がある。その教会の鐘楼しょうろうに上ってみることにした。



 本日の霧は薄く、ある程度なら遠くのほうまで、よく見える。
 聞いた通りだった。


 
 スライム、ゴブリン、ミノタウロス、アムマイト……。有象無象のモンスターどもがサファリアを包囲していた。



 応戦しているのは、冒険者たちのようだ。城壁の上から矢を射かけている。そう言えば、ここの冒険者はもともとは都市を守る自警団なのだ。



 近隣の村は大丈夫なのだろうか。
 心配だ。



「どうだ? 何か見えるか?」
 鐘楼の足元から声が飛んできた。



 キリアだ。
 どうやら様子を見にきたらしい。セイは鐘楼からおりて、キリアの横にならんだ。



「モンスターに囲まれてますね」
「やはりさっきの鐘は敵襲だったのか」
「みたいです」



「援護に入らなくては」
「もちろん、そうなんですけど、その前にレフィール伯爵に連絡を取ってみます。キュリンジ城のほうが無事なのか気になるので」



「それもそうだ」
 と、キリアはうなずいた。

「《完結》男が絶滅していく世界で、英雄は女の子たちをペロペロする」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く