《完結》男が絶滅していく世界で、英雄は女の子たちをペロペロする

執筆用bot E-021番 

第97話~アムマイトVS蜥蜴族~

 その義妹の名前を聞いてみた。シド・アライン――というらしかった。都市サファリアのシラティウス宛てに、シド・アラインから手紙が来たらしい。



 その手紙の内容に、「私はあなたの義妹であり、あなたを憎んでいる」……などというようなことが、ツラツラ書かれていたということだ。



 で――。
 その手紙に誘われて、シラティウスはひとりでここまで来たのだ。



 セイとシラティウスは岸辺に腰を落としていた。セイはあぐらをかいていたのだが、そのフトモモにシラティウスは小さい頭を乗せていた。



 霧けぶる向こうに、目をこらせば水平線が見える。



「その手紙、なんかウサンクサイな」
「ウサンクサイ?」



「怪しくないか? そもそもホントウにシラティウスの父親が不倫していたのかも、定かじゃないんだろ」



「私はパパのことをよく知らないから、わからない。だけど、私が人間とドラゴンの子どもだって知っている人は少ないから」



「そうか」
 じゃあ手紙を送りつけてきた、シド・アラインなる人物は、ホントウにシラティウスの義妹なのかもしれない。



 仮にそうだったとしても、それでもシラティウスを憎むというのは、筋違いではあると思うが。



「ホントウに来るのかな」



 蜥蜴族の集落にも、自分以外の人族の姿をセイは見かけなかった。誰かが訪れたという話も耳にしていない。恨みを晴らすべく現れるというのならば、早々に現れてもオカシクはないように思う。



 待った。
 あわただしい足音が聞こえてきた。



 そのシド・アラインが来たのかと思って身構えたのだが、やって来たのは数人の蜥蜴人だった。



 蜥蜴族の集落がアムマイトの襲撃に遭っている。援護して欲しいということだった。



「オレは一度、蜥蜴族の集落に戻るけど、シラティウスはどうする?」



「私も行く」
「待たなくても良いのか?」



「私がいなかったら、向こうも待つと思うから
「それもそうだな」



 セイとシラティウスはすぐに、蜥蜴族の集落に戻った。浜辺にあった藁ぶき屋根の建物がいくつか倒壊していた。アムマイトの蹂躙に遭っているのだ。蜥蜴人たちは手に武器を持って、アムマイトと応戦していた。



「私がドラゴンになって」
 と、シラティウスが勇む。
 あわてて止めた。



「待て待て。こんなところでドラゴンになったら、周囲に被害がおよぶだろ」



 実際に、カールとクロニルという双子が、シラティウスの爪に触れたというだけで、重症を負っているのだ。



「……たしかに」



「オレがなんとかするから、オレから離れるなよ」



「うん」
 浜辺を駆ける。



 桟橋があった。橋の上ではティルとアムマイトが交戦していた。アムマイトが浜辺側にいて、ティルは海辺側に追い詰められていた。セイはアムマイトの背後からしのびより、槍でアムマイトのことを海中にたたきこんだ。



 ザバーン。
 巨大な水しぶきがあがった。



「大丈夫ですか?」
「すみません。助かりました」



「援護します。――しかし、それにしても、この辺りはアムマイトが多いんですね」



 もともと蜥蜴族の男がモンスターになっているのだから、多いのは当たり前と言えば、当たり前だ。獣人族のあたりが穏やか過ぎたとも考えられる。



「誰かが呼び寄せたようです」
「呼び寄せた?」



「蜥蜴族は音でヤリトリすることが多いと言ったでしょう」



 海に落としたアムマイトが、不意に海の底から跳びだしてきた。セイは槍でふたたび突き落とした。緑色の血が海辺に広がった。



 お見事――とティルは感心したように言った。



「それで?」



「アムマイトを呼び寄せる音を発している者が、集落の中にいるようなのです」



「そ、そんなことしますか?」



 内側に入り込み、敵を招き入れる。人間の戦争ならよくある。いわゆる内応だ。あらかじめ自分の手の者を忍び込ませておいて、内側から城門を開けさせたりする。姑息な手段ではあるが、よく使われる手だ。



 が――。
 それは人の戦争に言えることだ。



 モンスターの手引きをするようなヤツがいるとは思えない。



「また、聞こえる」
 ティルが耳もとに手を当てていた。



 セイも耳をすませてみる。



 アムマイトと蜥蜴人のいさかいのなかに、たしかに笛の音のような独特な音がまじっていた。その音が響くと、アムマイトはどうやら興奮するようだ。



「蜥蜴族長のフィーは?」



「わかりません。はぐれてしまいました。今、探しているところなのですが」



「この隙に族長の〝封印〟を奪われてしまっては大変です。すぐに見つけ出しましょう」



「ええ」

「《完結》男が絶滅していく世界で、英雄は女の子たちをペロペロする」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く