《完結》男が絶滅していく世界で、英雄は女の子たちをペロペロする

執筆用bot E-021番 

第62話~イティカの旅~

「失礼」



 朝食にありついていたセイに声がかかった。イティカだった。イティカは強力な印を持っている。セイはすでにその印をもらっていた。それは、フォルモルの提案だった。「ああいう女騎士に限って、コロッといくものよ。強引に頼めば印を重ねさせてくれるわよ」と。



 実際、イティカはセイに印を差し出してくれた。重ねた夜のことを思い出すと、セイは赤面をおぼえた。イティカのほうはセイのことを、セーコだと思っているはずだから、1人で勝手に照れていることになる。



 照れ臭さを、コホン、と咳払いで払拭した。



「なんでしょうか?」



「君たちには、いろいろと世話になった。私はこれからしばらく、都市サファリアを離れようと思う」



「それはまた、どうしてです?」



「モンスターに苦しめられているのは、この辺りだけではないはずだ。各都市に治安をもたらして、冒険者ギルドの支部を広げていこうと思っている」



「それは、スバラシイですね」



 白紙のうえにインクを滲ませていくように、治安を広げていかなければならない。この都市サファリアを中心に、1点――ま1点――とモンスターの脅威にさらされない地点を築く必要がある。イティカほどの実力者であるなら、たとえ険しくとも事は円滑に進むだろう。



「それに私は、修行の旅に出るべきのようだ」
「修行――ですか?」



 充分に強い。
 わざわざ修行などしなくとも、この人はすでに剣士としての極致にある。



 他の者には内密にしてあるが――とイティカは声をひそめて続けた。



「先日の夜更けにクロカミ・セイが私のもとに訪れた。それが私の脳裏から離れんのだ。また会いたい。そう思ってしまう。ここにいると雑念に殺されてしまいそうだ」



 イティカは青い瞳を茫然ぼうと潤ませていた。
 あの夜のことを思い出しているのだろう。



「そうですか」
 その青く潤んだ瞳を直視できなかった。



「もう一度、会いたい。その気持ちは消えないと思う。だから今度、彼に会ったときに恥ずかしくない女として、また女騎士として私は一から鍛え直そうと思う」



 イティカだけに、一からというわけだ。



「この都市を去る前に、セーコくんには挨拶しておこうと思ってね。ケルベロスの件では世話になった」



「いえ。こちらこそ」



「私はまた彼に会うことができるだろうか?」



 その質問をしてきたイティカは女騎士ではなかった。ひとりの女として、哀しげな目をセイに向けていた。もしかしてこの人は、オレがセイだと気づいているのではないか。そう思わせられるものがあった。



「どうして私に訊くのですか?」
 セイはそう問い返した。



「君は彼の姉だ。そうだろう?」
「ええ」



「どうだろうか? 彼はまた私に会いに来てくれるだろうか?」
 イティカの声が震えていた。



 懇願とさえ受け取れる。



「ええ。セイはきっと会いに行くと思いますよ
 そう答えるしかなかった。



 イティカはあからさまに感動をあらわにしていた。目じりに涙がたまっている。



「そうか――。これで安心して旅に出られる。私はきっとサファリアに戻ってくる。そのときまでサラバだ」



 イティカは未練を断ち切るように、颯爽と身をひるがえした。



 罪な男だな貴殿は――とキリアがつぶやいた。

「《完結》男が絶滅していく世界で、英雄は女の子たちをペロペロする」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く