《完結》男が絶滅していく世界で、英雄は女の子たちをペロペロする

執筆用bot E-021番 

第28話~レフィール伯爵Ⅱ~

 レフィール伯爵は王都へ向かうために、キャリッジに乗り込んだ。セイも同乗することになった。



「護衛のため、付いて来てください」
 と、言われたのだ。



 言われなくとも、ついて行くつもりだった。



 フォルモルとキリアとシラティウスの3人は、キュリンジ城で待つことになった。レフィール伯爵はいつ戻れるかわからない。その間の留守をあずかる者が必要だったのだ。



 馬車に乗りこむ前に、3人のメイド長から「レフィーさまのこと、頼むわよ」と言われた。無事に護衛しろという言う意味なのか、結婚を成功させろという意味なのか、あるいは、結婚をぶち壊せという意味なのか。



 頼むわよ――にふくまれた真意をはかりかねた。



 セイ個人的には、レフィール伯爵とミリス・ローネ王子との結婚は反対だ。名状しがたい不快感がセイの胸を圧した。



「ドラゴンになって、王都まで送りましょうか?」



 揺れるキャリッジの中で、セイはそう切り出した。



「いえ。王都にいる人たちがビックリしてしまいます」
 と、チカラのない笑みを浮かべて、レフィール伯爵が言った。



「それにしても、ミリス・ローネ王子はあまりに横暴ですよ。国王は何も知らないのでしょうか?」



「第21代ロイラング国王。シュバルッド・ローネは、モンスターになったようです」



「えっ」
「この雨のせいでしょう」



 憔悴しきった顔で、レフィール伯爵はキャリッジの窓を見つめた。窓には雨粒が付着していた。



 哀愁に満ちたレフィール伯爵の顔が、窓に投影されていた。



「それでは実質、第一王子であるミリス・ローネが国王ということですか」



「王位は継承されていないでしょうが、そうなりますね」



「なるほど」
 それで、そんな横暴が許されるわけだ。



「この雨に降られる前、ロイラング王国の貴族たちは二つの派閥に割れていました。セイはご存知ないかもしれませんが」



「貴族のやってることは、オレのような者の耳にはあまり入らないので」



 そうでしょうね――とレフィール伯爵は続けた。



「ふたつの派閥がありました。ミリス・ローネ第一王子を推す派閥と、第二王子を推す派閥があったのです」



「俗に言う派閥争いってヤツですか」



「ええ。私の父は第二王子を推していました。しかし政争に巻き込まれて、暗殺されてしまいました。だから私が家督を継ぐことになったのです」



 いきなり重い話をブッこんできたな――と思った。それと同時に、察するところがあった。



「第二王子を推していたということは、つまり、レフィール伯爵にとって、ミリス・ローネ第一王子は政敵ということになりませんか?」



「そうです」
 と、レフィール伯爵は深くうなずいた。
 白い顔が今日は青ざめている。



「政敵と結婚することになるわけですか」



「第二王子もこの雨で、モンスターになったと聞いてます。つまり、天が第一王子に味方をした。私は政争に負けたのです」



 潔く負けを認めて、第一王子のもとに嫁ぐということか。



 セイは何も言えなかった。
 レフィール伯爵が考え抜いた答えなのだろう。



「セイ」
「なんでしょうか?」



 レフィール伯爵が、セイの手に手を重ねてきた。
 ドキッとする。



 熱い物に触れてしまったかのような感覚で、あわてて手を引っ込めそうになった。



 一緒に逃げましょうと言われたら、すぐにでも連れ出すつもりだった。しかし、その桜色の唇からこぼれ出る言葉は、違ったものだった。



「ミリス・ローネ第一王子の子どもを身ごもると、私はしばらく王都を離れられないかもしれません。そうなっても、あなたはあなたの任務を遂行してくださいね」



「オレの任務?」
「世界を救うという大役です」



「レフィール伯爵はそれで良いのですか?」



 レフィール伯爵がこの結婚に喜んでいるのなら、拍手を送るつもりだ。心の奥底は嫉妬で焼け狂っても、表では祝福を表すつもりだ。



 しかし、どう見ても喜んではいない。



 相手のミリス・ローネにも気にくわないものがある。この結婚はあきらかに脅迫的だった。やり方が姑息だ。



 個人的にもあまり良い思いはしない。



 第一王子は、言ってしまえば以前までの、セイの上司になる。一兵卒だったので向こうは、セイのことを知らないかもしれないが、さんざんコキ使われた職場だ。



「仕方ありません」
 と、レフィール伯爵はかぶりを振った。



「断ってしまえば良いじゃないですか」



「処断になります。私のワガママで、土地や民を振り回すわけにはいきません。誇りにかけても、父から引き継いだ土地と民は、守り抜くつもりです」



「――」



 レフィール伯爵が処断となったときに、セイはその責任を取れない。これ以上の説得は難しかった。

「《完結》男が絶滅していく世界で、英雄は女の子たちをペロペロする」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く