《完結》男が絶滅していく世界で、英雄は女の子たちをペロペロする

執筆用bot E-021番 

第26話~竜印~

 セイは風呂に入っていた。
 男性用の大浴場だ。



 つい先日までは男たちも当たり前のように生活していたのだから、もちろん男湯だって存在する。



 今は、セイが独占している。いや。独占している――はずだったのだ。


 
 湯船の外にはレフィール伯爵がいる。服は着ている。だが、濡れないようにスカートを腰のあたりで結んでいた。細いながらもムッチリとした丸みのある足がさらけ出されている。風呂の湯気のせいで、普段よりもいっそう白く見える。



「なんで入ってきてるんですか。ここ男風呂ですよ」



「いろいろと話したいことがあったのです」



「別に、オレが風呂から出た後でも良いじゃないですか」



「一刻もはやく伝えたかったのです」



 長いプラチナブロンドの髪は、頭上でダンゴになっている。髪をあげているおかげで、ウナジがよく見える。



「だったら念話で良いでしょう。オレとレフィール伯爵は、つながってるんですから」



「それでは、話している気になりません」
「オレ、裸なんですよ」



 辛うじて湯船の縁で隠れて、セイの裸は見えないはずだ。
 それでも、落ちつかない。



「良いじゃありませんか、以前は私のほうが恥ずかしい思いをしたのですから」



 レフィール伯爵は目を細めて、意地悪そうな笑みを見せた。
 印をナめたこと、ずいぶんと根にもっている。



「で、なんですか、用事って」



「シラティウス・チロの件。よくやってくれました。シラティウスの地下暮らしも、今日で終わりそうです」



「ええ」
 と、セイは短くこたえた。



 イヌの首輪をはめられて、まるで奴隷みたいにシラティウスの足の裏をナめたことは、レフィール伯爵には知られたくなかった。



「これでセイは、フィルドランタにおいて最強の騎士になったといえましょう。いっこくも早く、世界を救うための旅に出なくてはなりません」



「世界を救うだなんて、話が大きすぎて実感がつかめないですね」



 自分がそんな大役を担っているという感覚もなかった。



「そんなことも言ってられませんよ。さきほどロダマリア帝国潰滅の報を受けました」



「ロダマリア帝国が?」



 衝撃だった。
 このフィルドランタにおいて、今もっとも勢いのあった国だ。皇帝が代替わりしたことをキッカケに、徹底した軍国主義と実力主義のもと周辺国家を蹂躙していった。このロイラング王国ともあわや戦争になるか――とウワサされていた。



「ロイラング王国は男女平等に騎士にとりたて、爵位を授与します。ですが、ロダマリア帝国は男性国家でしたから、それが災いしたのかもしれません」



「それで、全員モンスターに?」
「そうでしょうね」



「なんだか世界が滅んでしまうような勢いですね」



 昨日までの常識が、すべて覆ってゆく。
 怖ろしい事態になっているのだ。



 ロダマリア帝国という大国の潰滅を聞いて、セイは戦慄をおぼえた。



「世界を滅ぼさないためにセイがいるのです。ロダマリア帝国にも逃げ遅れている女たちや、籠城している女たちがいるはずです」



「それを聞くとジッとしられないですね」



 あやうく立ち上がるどころだった。
 レフィール伯爵がいるので、湯船に浸かっているしかなかった。



「セイには3つ、自覚しておいて欲しいことがあります」



 レフィール伯爵はそう言って、指を3本立てた。



「なんです?」



「1つは、男女の比率が大きく変動するということです。最悪の場合、この世界に男性はセイひとりになるかもしれません」



「ええ」
 それぐらい、言われなくともわかる。



「恥ずかしい話ですが、女たちは性的に飢えることでしょう。その女たちの肉欲の目にさらされる覚悟が必要です」



「覚悟が必要ってことでもなさそうですけど。むしろ、ウェルカムですよ」



 レフィール伯爵が桶で湯をすくいあげて、セイの頭にかけてきた。



「覚悟しておいてください」
「はい」



「次に注意すべきことは、間違っても女性と……その……交合しないことです」



「へ?」



「万が一、この雨のなか子供を生んでしまったら、大変な目に合います。仮に、男の子をはらんだ場合、女の腹を食いやぶって、モンスターが出てきます」



 想像するだけで、おそろしい。



「しかし、英雄王ハーレムは、いろんな女性と交合したと聞いてますが」



「それは、英雄王ハーレムが世界中のモンスターを倒し、雨が止んだ後のことです」



「それは、もっと早く言っておいてくださいよ。フォルモル、キリア、シラティウスと、間違いをおかしてたかもしれじゃないですか」



 訴えると、レフィール伯爵は微笑んだ。



「心配ありません。その件はちゃんと3人のメイド長にも言い含めております」



「じゃあ、オレだけ知らなかったんですか?」
 なんだか酷くマヌケに思える。



「知らせるのは、あまりに酷かと思いまして。肉欲に飢えた女たちが寄ってきても、我慢する。そういう話ですよ、わかってますか?」



 わかってます、わかってます――といなした。



「それで3つ目の注意点はなんですか?」



「3つ目は、仮にこの世界を無事に救い終ったときの話です」



「気の早い話ですね」
 まだ着手もしていないのだ。



「それでも、セイには覚悟しておいてもらう必要があります。モンスターを倒し、この雨が降りやんだら、もう1000年は悪魔の雨が降ることはないはずです」



「安泰ですね」



「ですので、そのときセイには、小作りに励んでもらう必要があります」



「は?」



「男がセイしかいなくなったら、そうなるでしょう」
 レフィール伯爵は顔を赤くしたまま、そう言った。



「そう――なりますかね」



「かつての英雄王ハーレムがそうしたように、世界中の女と交合してもらいますので、そのことを弁えておいてください」



「まるで人柱ですね」
 苦笑が漏れた。



 女性から求められるのはありがたいが、世界中の女と子づくりしろというのは、体力が持つかどうかわからない。世界を救うよりも、そっちのほうが大変そうだ。

「《完結》男が絶滅していく世界で、英雄は女の子たちをペロペロする」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く