《完結》男が絶滅していく世界で、英雄は女の子たちをペロペロする

執筆用bot E-021番 

第17話~キリアⅢ~

 逃げ遅れた者――というのは、女が25人。少女が8人だった。男はいない。今朝の川の氾濫で、みんなモンスターになってしまったということだ。



「仕方ない。いくらレフィール伯爵でも、川の氾濫までは予測していなかったのであろう。とりあえず、都合33人の女を城の中まで誘導しよう」



 キリアがそう言った。



「そうですね」
 と、セイはうなずいた。



 雨の中33人の女たちを連れて歩いた。石畳のストリートは、軽く足が浸かるぐらいの水がたまっていた。



 レフィール伯爵は悪魔の雨に備えて、いろいろと準備をしてきたと聞いている。それでも結局は、こうなってしまった。そうすると、他の国や都市はもっと酷いことになっているだろうと考えられた。



 33人の女たちはみんな恐怖と怪訝な目で、セイを見ていた。(この男もモンスターになるのではないか?)(なぜ雨に打たれても平然としているのだろう)そういう目だった。



 城に帰ろうとしたのだが、予想外のことが起こった。
 跳ね橋があげられていたのだ。



「守り切れんかったか」
 と、キリアは歯ぎしりしていた。



 それも致し方ない。
 セイたちも近寄れぬほど、城門にはモンスターが集っていたのだ。



「どうします?」
「仕方ない。抜け道を使うか」



「中に入る道があるんですか?」



「地下通路になるがな。敵軍に囲まれたときに、物資を運びいれたり、脱出用につくられた道だ。どこの城にもある、いわゆる抜け道というヤツだ。しかし、もう何年も使っていないと聞いているから、ちゃんと通れるかはわからんがな」



「行ってみましょうか」



 このまま跳ね橋が開くのを待っていても、いつになるかわからない。そもそも、このモンスターの量では開けることも出来ないだろう。



 ちょうどレフィール伯爵から念話がかかってきた。その地下通路を使えという内容だった。



 セイたちはカーテン・ウォールをぐるっと迂回して、その抜け道へと向かった。なんの変哲もない物置小屋があった。農具なんかが無造作に置かれていた。その小屋の地面に鉄のトビラがあった。開けると、地下へと続く階段があらわれた。



「こんなところに入口が……」



「まぁ、万が一のときにそなえて、簡単にバレないようにしてあるからな」



 先にキリアが入った。
 33人の女性が全員入ったことを確認して、最後にセイが入った。トビラを閉めると完全な暗闇になった。



 セイは治療魔法で使う白い光を手から出した。便利な魔法だ。多少は明かりにもなる。キリアは、カンテラを持っていたようだ。空気が湿っているせいか点火に苦労していたが、無事にカンテラは灯った。



 進んだ。



 しかし、70本の脚はすぐに止まることになる。



 3匹のゴブリンがいた。地下なら安全だと思って逃げ込んだ男たちがいたのかもしれない。それは良い。たったの3匹だ。キリアがアッという間に処理した。キリアは派手な戦い方をする。渾身のパンチを叩きつけるのだ。



 その振動が災いした。
 地面が崩れた。
 土砂が、道をふさいだ。



「しまった……」



「もしかするとこの雨で地盤が緩んでたのかもしれませんね。引き返しましょう」
 と、セイは提案した。



「仕方ないな」



 キビスを返した。だが、不幸なことにそちらも土砂によって封じられていた。つまり、閉じ込められてしまった。やわらかい土ではない。岩の塊のような土砂だった。



「えぇいッ。こんな土砂、私がブッ飛ばしてやる」
 と、キリアがコブシを振り回していたので、セイはあわてて止めた。



「よしてください。今度はオレたちの頭上に土砂が崩れてくるかもしれません」



 前も後ろも封じられたのは不幸だったが、まだ頭の上に落ちてくるよりかはマシだった。さらに振動を起こせば、最悪の事態を引き起こしかねない。



「ん?」
「どうかしましたか」



「しまった。ここはちょうど水掘りの下なのだ。水が――」



 ドボドボと水が流れてきていた。
 最悪だ。



「困りましたね」



 前後は土砂によってはばまれて、上からは水が注いでくる。万事休すだった。



 このまま溺れ死ぬのを待つか……。溺れるどころか、雨に打たれて女たちのカラダはすでに冷え切っている。落ちてくる水にいつまで耐えられるか。


 
 せっかくセイは、自分という存在を買ってくれる人に出会った。必要とされるようになった。そんな矢先に死にたくはない。なにより、33人の女とキリアを死なせてしまうのは、あまりに忍びない。



 ふと天啓を得た。



「土砂をどかしましょう」



「私の魔法をもってしても、土砂をどかしきるのは難しい。多少は動かせるだろうが……」
 と、キリアは首を左右に振った。



 黒々としたポニーテールが左右に揺れた。



「2人ならどうです?」
「なに?」



「2人で土砂を撤去すれば、どうにかなるんじゃないですか?」



「2人?」



「オレの〝英雄印〟と重ねてください。そうすればオレもキリアの怪力魔法を使えるようになります。2人で掘れば、道が開くかもしれません」



「あ……うっ……しかし」
 と、とたんにキリアの歯切れが悪くなった。



「迷っている場合ではないでしょう。命がかかってます。このままでは水がさらに流れ込んできますよ」



 必死だった。



 こんな足元を見るような状況で切り出すのは不本意だが、もうその他にこの場を切りぬける手段を思いつかなかった。



「良かろう。覚悟を決めよう」
 キリアは諦めたように肩を落とした。

「《完結》男が絶滅していく世界で、英雄は女の子たちをペロペロする」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く