話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

女神と天才の異世界冒険譚

たぬきち

ともだちひゃくにん―アリス編―①

「むう」

 時間は真人が三人と食堂を出ていった時まで遡る。

 アリスは真人が出て行った扉を見る。食堂に一人置いていかれ、思わずため息が出る。

 その原因は……

「アインくんは可愛いけどちょっと無いよね。恋愛対象にはならないタイプ。それにサルビア先生愛が強すぎ」

「言えてる。それよりはライル達の方がマシね」

「じゃあ、ゴードンは?」

「「絶対にない」」

 よく知らない相手の、よく知らない相手に対する評価を聞かされているからだ。

「じゃあ、えーと、マナトだっけ? アイツは?」

 やっとわかる名前が聞こえ、思わず顔を上げるアリス。

「……将来性はありそうだけど、ちょっと怖いな」

「あー、加減を知らなそうだよね。サルビア先生だって一応、女なのに」

「それに服装がな……あれは何て服なんだ?」

 真人は同窓会の途中で、アリスに呼ばれている。そしてその同窓会はホテルで行われる、それなりにちゃんとしたものだった。

 だからこそ、今、真人はスーツしか持っていないのだ。

 一応、もう一着だけラーメン屋で貰った『一振入魂』というクソダサいシャツと黒いズボンを持っているが、真人は外では絶対に着なかった。

 後で真人の服を持ってこようと、心に決めたアリスだったが、次の言葉を聞いた時には既に頭から消えていた。

「で、アリスちゃんとマナトの関係は?」

「それは私も気になるわ」

「差し支えなければ私も聞きたい」

 三人は興味津々といった表情でアリスを見てくる。

 一人は茶色の髪に、毛先だけパーマをかけたショートカットの少女、マリー。

 もう一人は金髪の髪をツインテールにしている恐らくツンデレ少女、エリー。

 最後の一人は黒髪を後ろの高い位置で束ね、ポニーテールにしている少女、サオリ。

 三人は快くアリスを受け入れてくれたが、それはこの時の為だった。

 謎の二人の関係が気になる。

 どの世界でも恋だの愛だのに興味津々なのが、女という生き物なのだ。

「な、なんじゃあ!? 急に! ワシは何とも思っとらんぞ!? ホントじゃぞ!?」

「いや、関係を聞いているのだが」

 少し墓穴を掘ってしまったアリスだったが、顔を赤くして俯くと、小さな声で答える。

「友人……、いや、戦友じゃな。……今はまだ」

 最後に小さく付け加えられた言葉だけで、三人は何となく把握した。

「ま、片思いは辛いよね」

「ええ。応援するわ」

「アリスならきっと大丈夫だ」

 三人はそれぞれ生温かい目で優しい言葉をかける。

「しかし、ここの食事は美味い――」

 アリスはそれに居心地の悪さを感じ、話を逸らそうとしたその時、

『あのラックスティーラーがD校舎に! 今回はS棟の食堂にのみ放送中! おめでとう!』

 どこからか良く通る声が響く。

 声の発生源を探すと、壁掛け時計の上にスピーカーがつけられている。あそこからのようだ。

「ラックスティーラー……?」

 アリスがそう呟き、視線をスピーカーから三人に戻す。

「な、なんじゃあ?」

 三人は時が止まったかのように、固まっている。

「行くわよ!」

「うん!」

「ああ!」

 そして、三人は頷き合うと勢い良く立ち上がる。まだ少し残っていた三人のスープに波紋が生まれた。

「アリスも来なさい!」

 三人に連れられて向かったのはD校舎。

 途中で三人に説明して貰った所、ラックスティーラーとはこの学園の卒業生で、十人しかいない王都の上級騎士だそうだ。

 そいつはたまに学園に訪れては珍しい品を持ってきて、それを賭けて学生とギャンブルを楽しむらしい。

 負けても商品は貰えるが、運を奪われてしまうとの事らしいが、所詮噂であり本当かはわからない。

 また、たとえそれでも一日ツイていないだけで、珍しい武器やアイテムや防具が手に入るとあって大人気との事だ。

 それに万が一、勝つことが出来ればラックスティーラーから運を奪うことができ、信じられないようなツイている一日となる……らしい。

「ただ……来るのはVIPルームに直接な上に、放送はその日に適当に決めた場所にしか行わないから、その時点で運が試されるのよ」

 エリーがそう呟いた所で、四人はD校舎へと辿り着いた。

「女神と天才の異世界冒険譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く