俺は神様の手伝いで人を幸せにします。

大空 ヒロト

神と死後

俺は死んだ。交通事故だ。まぁ俺が死のうとひきこもりだった俺のことなどなんともおもってないだろう。それよりもこっちだ。死んだと思ったら目の前に人がいる。

「よっ!」

「よっ!じゃねぇよ!あんた誰だ!?」

「わしか?わしは神様じゃ」

神様か…なんだか頭がくらくらする。

「で、その神様が俺になんのようだ?」

「う~んそのことなんじゃが、本当は死ぬとすぐに死後の世界にいくのじゃが、おぬしは特別での。」

「特別?」

「そうじゃ。おぬしにはわしの仕事を手伝ってもらおうと思っての。」

「はぁなんで俺がそんなこと」

「まあまあ話を最後まできけ。おぬしには一つ力を与える。」

「力?」

「そうじゃ。死後の世界から元の世界にいったり他の人を送る力じゃ。まぁ一時的にじゃがの。そしてその力を使って死後の世界のみなを幸せにしてもらいたいのじゃ」

「幸せにか?」

「ああ。急に死んでしまったりしてやり残したことがあるものなどもおおくいるからの。そこでその力で解決し幸せにするのじゃ。」

「なんで俺なんだ?別に俺じゃなくても出来るだろ」

「細かいことは気にするな。で、どうじゃやってくれるか?」

「やってくれるか?って急にいわれてもなべつにいやじゃないけど、面白そうだし」

「そうかそうか。じゃあよろしくたのむわ!」

げしっ!

「イテッ!」

俺は後ろから蹴られて神様の部屋から落とされた。

「なにすんだ~!まだやるっていってねぇだろ~!ばかやろー!」

こうして俺の手伝いがはじまったのだった。

「俺は神様の手伝いで人を幸せにします。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く