話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

加護とスキルでチートな異世界生活

7mi

62 斎藤有輝


 [名前]息続き飴
 [ランク]B
 [効果]舐めている間息が続く
 
 [名前]海中会話機
 [ランク]A
 [効果]耳にはめると海中の中での会話可能
 [付与]防水

  [名前]海中歩行靴
 [ランク]A
 [効果]海中を陸と同じように歩ける靴

 他にもアイテムを作ったがとりあえずこの3つを使う。

 「海竜そろそろいくぞ!」

 『わかっている!早く背中に乗れ!!』

 「!乗せてくれるのか!」

 『どうやって行くつもりだったのだ…まあいいいくぞ!』

 普通に泳ぎなから付いていこうかと思っていた。

 「いざ海底遺跡へレッツゴー!」

 海竜ってだけある、めちゃくちゃ速いスピードだ。
 15分ほど海竜の背中で海を満喫しているとスピードが落ちていく。
 一旦止まると海竜は海から顔を上げてこちらに話しかける。

 『ここからは海の中に入る!準備はいいか?』

 「ああ!準備万端だ!」

 俺は潜る前に飴を口に含み会話機を耳につけ歩行靴を履く。
 潜ると中はとても綺麗で奥まで鮮明に見える。サンゴや貝などカラフルさもあり心を奪われそうだ。
 潜ってから3分ほど経つと海底遺跡が見える。

 「で、でけぇ」

 海底遺跡をみるとあまりの大きさに声が漏れる。

 『案内できるのはここまでだ後はレンが何とかしろ。じゃあな』

 「ああ!案内ありがとう!」


 「とりあえず海底遺跡を1周してみるかな」

 海底遺跡をぐるっと1周してみると入口らしき物は1つしかない。入口はとても分かりやすくありそこへ向かって歩く。
 近づいてみると看板が建ててある事がわかった。

 【私の名前は斎藤有輝、この海底遺跡を作った者だ。もしこの字が読めるのであればこう述べよ。『ひらけごま』と】

 !?
 日本語!それに斎藤有輝という名前からして日本人!色々ツッコミたい所はあるけどまず言わせて欲しい。

 「なんで『ひらけごま』なんだよ!!」

「加護とスキルでチートな異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く