話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

加護とスキルでチートな異世界生活

7mi

59 海竜


 ギルドを後にした俺達は宿屋に戻る。

 「おかえり、昼ごはんでも食べるかい?」

 「お願いします!皆呼んできますね」

 2階に上がり4人を呼びに行き5人で1階に戻る。

 「女将さんおまかせ5つで!」

 「5つね、ちょっと待ってね」

 女将さんに注文した後セレインに何処に言ってたのか聞かれた。

 「昨日女将さんに聞いて醤油を買いに行ってその後ギルドに行ってきたんだよ」

 「冒険者ギルドですか?」

 「ああ、後なんか海に面白そうなのがいるらしい」

 「面白そうなもの?」

 「なんでも海に海竜ってのが出るらしいんだ」

 「海竜が暴れて魚が取りにくいから魚料理が前より少し高くなってるのよね」

 「女将さんも知ってるんですか?」

 「まあね、暴れているといっても魚が全く取れない訳じゃないからなんとか商売できてるけどね」

 それでも魚の値段は高くなってるからか最近は利益があまりないらしい。
 お世話になってる宿が困ってるんだし確認位はしに行くか。

 「昼ごはん食べたらハクと俺で海竜見に行ってみるから留守番しててね」

 「かしこまりました。いってらっしゃいませレン様」

 

 昼ごはんを食べた後ナビーの道案内のもとハクと海竜の下へ向かう。

 冒険者らしい人が少し居るだけで他の人達は避難してる様で海竜が暴れてできる水しぶきの音が鳴り響く。
 海竜に近づきとりあえず声をかけてみる。

 「おおーい!聞こえるか海竜ーー!」

 ギャィァアアア

 問いかけると海竜は大きな声をあげる。
 喋れるみたいだしどうすればいいかな?

 『マスター、全創造でスキルを作ればなんと言ってのか分かるとおもいますが』

 あ、そっか…最近創造してなかったからすっかり忘れてた。
 なら早速つくるか。


 

 「全言語理解発動」

 『た、助けてくれ!俺の俺の…!』
 
 全言語理解を発動した直後に海竜の言葉理解できるようになり助けを求めていることが理解出来た。
 話を聞いてみると海竜の寝床がこの前あった地震の時に海底に遺跡が現れたらしく寝るところがないらしい。
 海底遺跡で寝る事も試みたらしいが海底遺跡に近づくとバリアみたいなのがあり入ろうとすると追い出されるらしい。
 他の所へ移ってみればと聞いてみたが海には海のルールなどがあるらしくもちろん縄張りなどもあるらしい。
 なぜ暴れていたのか聞くと人間の船の近くに避難してきたら冒険者に攻撃されそれを威嚇する意味で暴れていたらしい。

 「じゃあ俺が明日にでも海底遺跡調べてみるから暴れないで待ってられる?ギルドには海竜に攻撃しなきゃ暴れないよって伝えてくるから」

 『待ってられるから助けてくれ!』

 この後俺とハクは冒険者ギルドに向かった。

「加護とスキルでチートな異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く