話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

加護とスキルでチートな異世界生活

7mi

58 港町の冒険者ギルド


 「毎度ありー!」

 昨日の魚料理美味かったなー!

 『帰るまでに沢山魚買ってインベントリに入れとけばいつでも食べれますねマスター』

 そうだな、沢山買っておくかな
 昨日のギョギョで食べた夕飯の刺身や煮付けはとても美味しかった。
 それに醤油がある事に驚いた。
 女将さんに何処で売ってるか聞いて今購入してきたところだ。
 探せば米もあるかもしれないから海鮮丼なんかも食べたい。

 「港町の冒険者ギルドにでも行ってみるか」

 ナビーさんいつものお願いします!

 『了解しました。とりあえず西に向かって進んでください…』




 建物はカゼリアの街と同じくらいの大きさで看板に斧と剣が交差されているから建物が見える距離まで行くと冒険者ギルドだと直ぐに気づけた。

 「あー王都のギルドも行けばよかったな」

 と思いつつギルドの扉は開けてあるので入っていく。
 とりあえずクエストボードでも見に行くか。
 昼だからかあんまり人はいない。

 クエスト
 アイアンクラブの討伐
難易度
 C
内容
 アイアンクラブを討伐しギルドに右ハサミを討伐証明部位として持ってくる
成功報酬
 1匹につき銀貨1枚
失敗罰金額
 大銅貨1枚
依頼成功期間
 1週間
依頼人
 冒険者ギルド
採取(×)討伐(○)人手募集(×)
護衛(×)捕縛(×)

 アイアンクラブね、鉄のカニとか?。

 『鉄の様な硬さのハサミを持ったカニのことで港町での基本的な稼ぎ方ですよマスター』

 ナビーと話していると一際目立つ依頼書がある事に気づく。

クエスト
 海竜の討伐!
難易度
 A
内容
 最近海でなぜだか暴れている海竜の討伐、もしくは説得し暴れない様にする事。
成功報酬
 金貨1枚
失敗罰金額
 なし
依頼成功期間
 できるだけはやく!
依頼人
 領主
採取(×)討伐(○)人手募集(×)
護衛(×)捕縛(×)

 「海竜の討伐?」

 「ああ、最近海に現れて暴れているらしいぜ」

 口に出ていたのか後ろを通りかかった大柄な冒険者に声をかけられた。

 「興味あるのか?説明くらいならしてやるぜ」

 「えっとお願いします」

 「じゃああっちで話そうぜ。成功報酬の受け取りはドウ頼んだぜ」

 「わかった」

 酒場の方を指したので酒場へ向かう。後ろからドウと呼ばれた仲間に成功報酬の受け取りを頼んだみたいだ。
 この人はリーダーかなんかなのかな?

 「それで海竜のことが知りたいんだっけか?」

 「昨日ここの港町に来たのでなにも知らなくて」

 「そうかそうかなら説明してやるぜ。って言っても俺も詳しくは知らないんだけどな」

 「それでも構いません!」

 「そう言ってくれると助かるぜ。話なんだけどよう1週間前ほどにそこそこ大きな地震があってなそれから直ぐに海竜が暴れる様になったんだよ」

 地震か…。
 ナビー最近ここの辺りで地震があったのは本当か?

 『本当のようですよマスター』

 「だからよ俺達はその地震に何か関係あるって思ってるわけだ、まあこれくらいしか知らないんだよな。」

 「いえいえ面白いこと知れたので良かったです!ありがとうございました。」

 席から立ち俺達はギルドを後にした。

「加護とスキルでチートな異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く