話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

加護とスキルでチートな異世界生活

7mi

54 決勝試合


 ユーマとエドガーの試合は長く続いたがある時を境にユーマの力が急に強くなりエドガーをものの30秒で倒してしまった。
 明日の対戦相手はやっぱユーマに決まったか。

 「あれ、レオくん?」

 考えているとユーマが俺に近づいて話しかけてきた。

 「明日の試合対戦相手だね」

 「レオくんには負けちゃいそうだなぁ。まあ遊びで参加してるから負けてもいいんだけどね」

 俺も面白そうってだけで参加したからなぁ…
 それでも参加したからには優勝したいな。

 「僕は全力でいかせてもらうよ!」

 俺はユーマにそう言うと宿に戻った。


~決勝戦当日~

 
 「只今より!決勝戦を始めたいと思います!今回が初出場!予選ではポイント所持数2位、透明のレオ!!対するは前回の優勝者で予選ポイント所持数1位のユーマ!」

 今日はいつもより人が居るみたいだ。
 やっぱり決勝ってだけはあるみたいだ。

 「透明のレオくんよろしくね。透明みてみたなぁーなんて」

 「決勝試合始めっ!」

 ユーマが言い終わると試合開始の合図が始まる。
 
 「透明、無音、無臭、隠密発動」

 すぐさま透明になりユーマの後ろへ向かう。
 いつもの様にパンチを入れるとユーマが吹っ飛ぶ。

 「くぅーー!痛いなぁ」

 1発で気絶しないのかよ…そこそこ力込めたぞ。
 それでも回数入れればいいか。
 というわけでどんどん後ろに周りパンチを入れるが3発目の時にパンチ防がれる。

 「毎回同じように後ろからならバカでも止められるよ」

 そりゃそうだ、止められる様に毎回後ろに回っているからな。
 それでも毎回1発だったから意味無いんだけど。

 「でも思ってたより強いなぁ」

 ユーマが何か言ったが気にせず透明のままウィンドランスをこの前より10発多い30発展開しユーマに向けて撃ち込む。

 「なんかこの前より多くないか」

 ユーマは剣で切ってウィンドランスを避けるが30発は多かったみたいで当たりそうにになるがユーマがボソッと何かを呟くとユーマに当たりそうだったウィンドランスをも切り倒して全て避けた。
 これ昨日の時にもなったやつか…。
 てか目がなんかやばくないか?すごく充血してるしさっさと倒すかな。
 とりあえず透明を外して

 「神剣術流ガイスさん風素振り!」

 素振りをすると地面がえぐれて衝撃波をユーマに向かって飛ばす。
 ユーマはそれを見ると

 「降参だっ!」

 と言うが衝撃波は止められないので防御魔法をユーマにすぐさまかける。

 「ゆ、ユーマ選手の降参により優勝者、レオ!!」

 「「「オオオーーッ!!」」」



 この後俺は勲章と賞金をもらい宿に戻るなり直ぐに眠りへ着いてしまった。

「加護とスキルでチートな異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く