話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

加護とスキルでチートな異世界生活

7mi

51 ヤンキー兄弟の兄


 本戦1日目では12人が6人に絞られる。
 俺は本戦でトップバッターで相手はたしか予選4位でヤンキー兄弟の兄バットだ。
 スタッフに試合が始まると言われ控え室を出る。

 「えーー、聞こえてますでしょーか!只今より!第一試合赤いモヒカンがトレードマーク!前回は惜しくも準優勝バットーー!対するはポイント取得数2位で612ポイント!今回が初参加で未知数のレオーー!」

 昨日の兎人族が司会か。
 自分の紹介と共に奥へと進んでいく。
 ヤンキー兄は先に紹介されたからか土の上に立っている。
 石畳から土へと足を入れただけで熱気がメラメラと伝わってくる。
 観客席は満席じゃないかな?

 「イシシシ!2位!楽しみ!楽しみ!早くやろ!」

 「自分も楽しみでした、お手柔らかに。」

 「第一試合始め!」

 始めの合図とともにバットが持っている武器で攻撃を仕掛けてくるがやっぱり攻撃が遅い。
 
 「イシシシ!なんだ!なんだ!攻撃できないのか!」 

 俺が全く仕掛けないで避けているからか挑発してくるヤンキー兄。

 「自分が攻撃を仕掛けたらすぐに試合が終わってしまうので攻撃しないだけですよ」

 挑発をやり返し満面の笑みで対応する。

 「イシシシ!ならこっちからもっと!もっと!攻撃するだけ!」

 そう言うとバットは火炎魔法をで自分の武器に火を纏わせる。
 てか熱気がすごいから火炎魔法はやめて欲しい。
 暑くて倒れたらどうするんだ!!
  ってことでめんどくさくなりそうなので小声でスキルを使う。

 「透明、無音、無臭、隠密発動」

 昨日の様に相手の後ろへ行きパンチを入れる。

 ドゴンッッ!!

 結構いい音のを入れてしまい呆気なく倒れるバット。
 倒れたら俺はスキルを解いた。

 「バット選手の気絶により勝者レオーー!」

 「「「オオオッッーーーー!!!」」」

 
 熱気とすごい歓声に包まれ控え室に戻りシャワーを浴びる。
 敵の観戦もいいけど連絡手段のアイテムも作らなきゃいけないので今日は転移で家まで戻る。



 「よーーっし!作るか、まあ俺たちだけの連絡手段にすればいいから簡単かな。」

 まず魔鉱石を魔力を流しながら形を変えてそこにいくつかスキルを付与するか。

 

 「まあ、こんなものかな」

 [名前] 通信器具
 [ランク]A
 [効果]このアイテムを所持している者に通信を行い魔力の強さにより使用出来る距離が変わる
 

「加護とスキルでチートな異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く