話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

加護とスキルでチートな異世界生活

7mi

50 予選終了



 「そこまでーーーっ!只今持ちまして12人が決まりました!一様所持ポイントだしますね!」

 終わりの合図と共に名前の横に取得ポイントと描かれている紙が張り出される。

 ー名前ーーポイントー
1.ユーマーー751
2.レオーー612
3.エドガー、ーー162
4.バットーー115
5.ヘルネーー101
6.ハッドーー96
7.モーブーー44
8.マリ、ーー36
9.ドッペルーー28
10.ガー、ーー22
11.モリリーー19
12.ゲンーー14

 やっぱり悠真が一番だな、その次が俺か。3位のエドガーも気になるしやっぱりヤンキー兄弟は上位か、5位のヘルネって子も気になる。
 7位以下は気にしなくてよさげだな。

 「只今このランキングに載られた方々は明日から本戦1試合目が行われるので指定の時間までに闘技場へお越しくださーい!間に合わなかった場合失格になりますのでご注意を〜。ではでは解さーーん」


 解散したので宿に向かう。
 仮面を外したいから細道に入ると誰が付けているのがわかる。
 とりあえず予選でも使った

 「透明、無音、無臭、隠密発動」

 スキルを発動して道を曲がりすぐさま仮面を外し、服装を変えた。
 そしてすぐに細道から抜け出す。

 「ふぅ…大丈夫かな?」

 確認して宿に戻り自分の部屋へ向かう。

 「ただいま〜」

 ドアを開けるが反応がなく顔を上げると赤面したセレイン達がいた。身体にタオルを巻いているが体のラインがハッキリと見える。
 ってそんなこと考えてる暇なかったぁーー!!

 「ご、ご、ごめん!!見ちゃったけど悪気があって見たわけじゃないんだ!」

 がんばって誤解を解こうとするが空回りしている気がする。

 「あ、主様!!ど、ドアを閉めてください!!」

 セレインに言われ気づきすぐさま部屋から出てドアを閉めた。

 『マスター、やっていい事やってはいけない事があります。わかりますか?』

 は、はいナビーさん…

 『部屋に入ったら言い訳せずしっかりと謝ってあげてください』

 そ、そうするよナビーさん…

 「主様服を来ましたので入られて大丈夫です」

 許可をもらい扉を開ける。

 「えっとごめん!!」

 「主様は謝らないでください!」

 「そうですよレン様が謝らないでください!」

 「帰ってくるのが1時間半ほど早かったのでビックリしただけですので気になさらないでください」

 「ご、ごめん。早く予選が終わって皆に知らせたかったから急いで帰ってきたんだけど今度からはどうにかして連絡するから」

 
 とりあえずこの場は収まったがなんでもあの時は部屋のシャワー室から上がったあとだったらしい。あの光景を見てしまったのでドキドキで8時間しか寝れなかった

 

「加護とスキルでチートな異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • Kokuryu

    ガッツリ寝てる笑

    0
コメントを書く