話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

加護とスキルでチートな異世界生活

7mi

47 モヒカンとリーゼント



 俺たちは朝食を食べた後王都を回ることにした。
 あと一週間後に予選が始まるってのもあってか色んな屋台が並んですごい賑やかで人と人がぶつかりそうな所もある。
 アクセサリーが売っている屋台で一旦足を止めた。

 「キシシシ!ねえ兄貴!兄貴!見てよこの人だかり!」
 
 「イシシシ!見てる!見てる!前回も見た光景だな弟!」

 俺たちの近くを通った兄弟?らしき人が大きな声で喋っている。
 てかすごい頭だな。兄らしき方は真っ赤なモヒカンで弟の方は真っ赤なリーゼントだ。二人ともサングラスをしている。ヤンキー兄弟と呼ぼう。
 てかサングラスなんてこの世界にあったのか。

 「キシシシ!兄貴!兄貴!予選まであと何日!」

 「イシシシ!弟!それはあと6日!」

 ヤンキー兄弟が予選の話をしているのが分かった。ヤンキー兄弟も参加するのか。

 「キシシシ!兄貴!兄貴!誰かが俺たち2人を見てる気がする!」

 「イシシシ!弟!鋭い!鋭い!すれ違ったやつら皆通り過ぎてからこっちチラ見してる!」

 見てるのがバレたのかと思って俺はセレイン達の手を取り走ってその屋台を後にした。




 「ハァハァ、主様急に走ってどうされたのですか?」

 「ごめんごめん急に運動したくなってさ」

 「そうでしたか、でも次から一言頂ければ幸いです」

 「ああ、気をつける。皆見たいところとかあるか?」

 「私フライパンとか見たいですレン様」

 「リサにほとんど家事やってもらってるから昼までリサの見たいところ回ろうか」

 フライパンなどの調理器具などを売っているお店に着くとリサは楽しそうに買い物をし始めた。

リサの買いたいものが済んだのでとりあえずお昼ご飯を食べにお店に入ることにした。
 この後俺たちはお店で昼ごはんを食べた。

次にセレインが武器を見たいと言ったので露店で売ってる武器を見て回る。
 この短剣でも買おうかな。

 「「この短剣くださーい!」」

 隣の人と欲しいものが被った様だ。


 顔を見てみると黒髪黒目の日本人らしき男がいた
 

「加護とスキルでチートな異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く