話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

加護とスキルでチートな異世界生活

7mi

44 俺?興味無いからいいよ



 馬車を改造してから数日後、俺は冒険者ギルドのゼンラに呼ばれギルド長室まで朝から会いに来ていた。

 「それで何のようなの?」

 「ああ、朝から来てもらってすまんな。このチラシをお前に見したくてさ」

 ゼンラはそう言うとコロッセオの様な絵が描かれている紙を渡してきた。そこにはこんな風に書かれていた。

 ー第25回ガーン王国闘技場出場者募集ー

~出場条件~

 ・15歳以上であること

 ~参加費用~
 
 ・予選参加の場合 銅貨1枚

 ・本戦参加の場合 銀貨1枚

 ~ルール~

 ・武器は貸し出すもので勝負すること

 ・魔法の使用はあり

 ・相手を殺してしまった場合失格

 ・相手が降参してきているのに攻撃を続けていると判断された場合失格

 ・参加者全員でバトルロワイヤルをして倒した数が多い人上位12名のみ本戦参加

 ・本戦は5日に分けて王者を決める

 ・1日目に6人まで絞り2日目で3人まで絞る。3日目に残った3人のうちの2人がどちらかが負けるか降参するまで勝負し4日目に3日目の負けた方と3日目対戦しなかった人が対戦し、ラストに3日目の勝者と4日目の勝者が対決する

~賞品~

勝つと王者として賞金と勲章が与えられる。





 「それでこれがどうかしたの?」

 「たしかレンて15だろ?これに出てみたらどうかなって思ってさ」
 
 俺がこれにでてもどうせ優勝間違いないしなあ。あっ!いい事考えた。

 「あんまり興味ないから俺は参加しなくていいかな」

 「レンなら優勝だっていけると思うぞ?本当に参加しなくていいんだな?」

 「参加しなくていいですよ!ちなみにこれって王都でおこなわれるの?」

 「ああ、そうだ。気分が変わって参加したくなったらいつでも来てくれ。2週間後には予選開始らしいからな」

 「あ、そうそう2、3週間旅行に行ってくるわ」

 
 話し合いが終わり家に帰ってすぐに

 「皆!集まってくれ!王都に行くから出発の用意を明日までにしておいてくれ!」

 「急にどうされたのですか主様?」

 「2週間後に王都で闘技場の参加者募集してるるらしいからそれに参加する!ってことなので2、3週間出掛けるからちゃんと荷物まとめろよー」


 俺はそう言って自分の部屋にもどり簡単な仮面の魔道具を作った。

 

「加護とスキルでチートな異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く