話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

加護とスキルでチートな異世界生活

7mi

39 ハクウウゥゥゥ!


今日もダンジョンに来ている。1匹を加えて。
そう、今日はハクと一緒だ!

「今日はハクも一緒だな!頑張ろうな!」

『はい!主!』

「じゃあ行こうか。」

俺達は昨日よりも早く昨日の切り上げ地点まで来ていた。

「思ったより早くついたな。たしかボスがでるのは10階層からか、ならあと2層…すぐに行くか?」

『主に着いてくですよ〜!』

「ならボスに早く会いたいしもう行くか。」

先程同じペースでどんどん降りていき、ボス部屋の前の大きな扉に来ていた。

「着いたか。もういけるか?」

『大丈夫です!』

「よしっ!じゃあ行くとするか。
待っててね俺のボスドロップ〜!!」

大きな扉に手をかざすと大きな扉が開く。
中は真っ暗だ。中に俺とハクで入った瞬間とびらが扉が勢いよく締まり、ボス部屋の壁の照明が次々と着いていく。

「あれ?ボスがいな…!」

『主!上!!』

「っ!」

咄嗟の事で軽くかすり傷が出来てしまった。上から現れたのはなんとゴブリンだった。
だが俺の知っている普通のゴブリンの何倍もデカい。取り巻きの8体も2、3倍デカいんじゃないか?
1番大きいゴブリン目掛けて鑑定をしてみる。


種族名レジェンドゴブリンキング

Lv120

HP120000

MP80000

物理攻撃力110000

物理耐久力100000

魔法攻撃力100000

魔法耐久力950000

俊敏90000

スキル
統率 指揮 知能 剣術8 ゴブリン語3 


おおっ!中々強い!てか強い!初めてこんなに強い敵にあったぞ。まあそれでも負けないけど。

「ってことでハク任せた!」

『了解しました!主!5分で倒して来ます!』

「いってらっしゃい〜!俺はあっちでお茶飲んでるね〜」

結果的に言うとハクの勝利。てか圧勝。5分で倒すと言っていたが結果的に2分で終わった。

「お疲れ様!なんか良さげなアイテム落ちたか?」

『こんなのしかなかった』

そういいながら何かの地図を差し出した。

「なんだろう?まあ後ででいいか。よしっ!今日はここまで帰ろ帰ろ!」


その日の就寝前。
ハクのステータスもだいぶ上がったな

・名前 ハク

・年齢 8

・性別 メス

・種族 神狼

・Lv.150

・職業 従魔

・状態 健康

・HP 350000

・MP 400000

・物理攻撃力 300000

・物理耐久力 250000

・魔法攻撃力 350000

・魔法耐久力 200000

・俊敏 400000

~スキル~
念話 言語理解 擬装
 魔法(光 風 時空) 経験値増量 ステータス大補正
~加護~
~称号~
レンの従魔


「加護とスキルでチートな異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー421255

    ハクウウゥゥゥゥゥゥ!!!!

    0
  • 神弥

    ハクウウゥゥゥゥゥ!!!

    1
  • エルス・ギルバート

    ハクウウゥゥゥゥ!!

    2
コメントを書く