話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

加護とスキルでチートな異世界生活

7mi

35 宣伝


俺はギルドに入り受付(ネネさんじゃない)にゼンラを呼ぶように伝えた。

「すいません、ゼンラさんを呼んでもらえますか?」

「すいませんがどちら様でしょうか?ギルド長は忙しい方なのでお約束がないと会うことは出来ません。」

「ゼンラさんにレンが来たとお伝えください。」

「ですから!ギルド長は忙しい方なので貴方みたいな人が会える人じゃないんですよ!」

この受付嬢がなかなかゼンラにあわせてくれないのでギルド長室にいると思われるゼンラにだけ向かって軽く殺気を込めた〈威圧〉を使う。

ダンッ!ドドドドドドド…

「な、なんだ今のは!?」

「ゼンラ久しぶり!」

と俺はゼンラに向かって手を振る。

「レ、レン…。今のはお前がやったのか…?」

「アハハ、僕が殺気なんて放つわけないでしょう!アハハ」

「まだ誰も殺気なんて一言も言ってないのだが?」

「それよりですね」

「おい!話をそらすんじゃねーよ!」

「話があるからギルド長室に行こうぜ!」

「あ、ああ」




「それでだな今日ここに来た理由なんだが店を買って商品を揃えたんだけど、宣伝とかした方が売れそうだからゼンラに頼んでみようかなと思って来たんだが頼めるか?」

「ちょ、ちょっと待て!話を盛りすぎてわけがわからん。」

「だから俺が店買う、商品揃える、宣伝してほしい、ここ来る。わかったか?」

「最後以外はわかったけどもよ、またなんで店なんか買ったんだよ?」

「それはだなこれを売ろうと商業ギルド行ったら盗み扱いされたからギャフンと言わせようと思って買ったんだよ。」

俺は作ったポーションを出す。

「?ただのポーションで盗み扱いされたのか?」

「とりあえず鑑定してみ。」

「〈鑑定〉!…なんだよこれ…お前盗んだら返しに行かなきゃいけないだろ?」

「だーかーらっ!俺は盗んでないし俺が作ったやつだし!」

「おいおい、まじかよこれ。これ作れるなら冒険者やらなくても贅沢な生活できるだろ。」

「そんなことよりさ宣伝してくんない?」

「宣伝はいいんだが商品はポーションだけなのか?」

「いや、このアクセサリーを売ろうかと思ってるんだよ。」

「!?おいおいなんだよこれ、ここまで綺麗なアクセサリーに付与魔法されてるのなんて初めて見たぜ。これもレンが作ったのか?」

「あ、ああ。これはあくまで貴族とか裕福の層ようだけどな、普通の人たちのは別で沢山あるよ」

「これだけ良い商品があるから宣伝しとくが値段はどーするんだよ?」

「中級のポーション類はスタミナが大銅貨8枚でマナが銀貨1枚と大銅貨2枚。上級のポーション類はスタミナが大銀貨6枚でマナが大銀貨9枚。アクセサリーは裕福層が金貨1枚~大金貨1枚。他のは大銅貨1枚~大銀貨1枚って所かな。」

「まあ妥当だな。わかった宣伝はしておく。」

その後は何処で開くのかとか何時からやるのかという事をかるく喋ってからギルドを出て街の掲示板に開店することを書いた紙を貼って回って帰ってきた。





「加護とスキルでチートな異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く