話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

加護とスキルでチートな異世界生活

7mi

34 アクセサリー作成


鉱石採掘を終えて転移で帰って来た。

「よっと。皆ただいま」

「!あ、主様でしたか!急に現れたものですからビックリしてしまいました。」

「ごめんごめん!転移で帰ってきただけだからね!多分今後もこういう事があると思うからあんまりビックリしないで。」

「て、転移ですか。流石主様ですね!
後今回の採掘はどうでしたか?」

「んーぼちぼちってところだね。俺は今日疲れたから風呂入って寝るね」

「かしこまりました。ごゆっくりどうぞ。」

俺はそれからお風呂に向かいゆっくり浸かってから自分のベッドにダイブして新しいスキルを作ってから寝た。

「起きてください主様!もう朝でございます。」

「ん〜〜、もう朝か。
よっと、いつもの訓練行ってくるね。」

訓練を終えて汗を流し朝食を取ったあと地下室に向かった。

「今日はアクセサリー作るか!でも形を整えるのってめんどくさいし、そこら辺は新スキルでやっちゃうかな。ってことで〈自動オート加工〉で完成図を考えながら発動させて、1日置くと完成なんだがここで俺が作った亜空間に入れると1分後に出来ているんだ。なんでかというと亜空間内での1日はこっちの1分ってだけなんだけどね。
どれどれ、んー!よく出来てるね!これに魔法付与すれば完成かな。」

〜1時間後〜

付与の方に時間がかかると思わなかった…。
基本的に付与したのは毒耐性微〜中。自動HP回復微〜中。自動MP回復微〜中。物理攻撃力上昇小。魔法攻撃力上昇小。のどれか1つが付いている。これはお店で売るようだ。
もちろん俺達には俺達用のを作った。

[名前]
レンの仲間専用指輪
[ランク]EX

[品質]最高品質

[製作者]レン

[効果]装備者の基礎ステータス上昇 中

[付与]〈自動HPMP回復超〉〈認識阻害〉〈個人認証〉〈ステータス上昇超〉
〈サイズ自動調整〉〈全耐性〉〈物理攻撃4分の3無効〉〈魔法攻撃4分の3無効〉

これを4つと首輪バージョンを1つ作った。

「皆集まってくれる?」

「どうかされましたか主様?」

「皆にはこれを付けてもらいたいんだ。」

指輪を差し出す

「これは今日作った物だけど皆の役にたつと思うから基本的に付けておいて。」

「かしこまりました!有難く付けさせていただきます!!」

「これを付けた状態で訓練すればすごいと思うよ。あ、そうだ!ハクには首輪ね!これでよしっと!」

『ありがとう主!これ大事にするね!』

「明日にはお店を開店したいからゼンラの所に行って宣伝してこようかな。あ、街の掲示板にもさっき作ったポスターでも貼っておくかな。」




「加護とスキルでチートな異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く