話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

加護とスキルでチートな異世界生活

7mi

31 商業ギルド


俺は結局、中級HP、中級MP回復薬を各200本と上級HP、上級MP回復薬を各50本用意した。

「これを商業ギルドの買取窓口まで持っていけば売れるんだよな。自分の店で売ってみたかったけど、最初は大変そうだし普通に売りに行くか。」

俺は地下室から出て商業ギルドへ向かった。

「いらっしゃいませ。今回はどう言った内容でしょうか?」

「えーっとポーションを売りたくてですね、何処に行けばいいのかと思いまして」

「でしたら買い取り窓口はあちらになりますのでそちらでポーションを出して頂ければ買い取って頂けます。」

「あそこですね。わかりました、失礼します。」

「今回はなんの買い取りでしょうか?」

俺はそう言われたので作ったポーションを全て出す。

「これの買取をお願いします。」

「わ、わかりました。少々お待ちを。
ってこれすべて中級以上の回復薬でどれもこれも最高品質!!どうしたんですかこれ!?」

周りの人達がさっきの声のせいでこちらをみてくる。

「えっと、これは全て私が作りました。なにか問題がありましたか?」

「あなたがこれを!?あなたみたいな若い人がこんな熟練錬金術師が作ったポーションより効果が高い物をこんなに作れるはずはありません!!これをどうしたんですか!?吐いてください!」

「ですからさっきも言った通り私が作ったんです!買い取ってくれるのですか?どうなんですか?」

「だーかーら!あなたの様な若い人が作れる物じゃないって言ってるんです!!」

流石にここまで言っても言われるとイライラするな〜。

「あ〜もういいです!買い取りは無かった事で構いません!失礼しました!!。」

「ちょ、ちょっと待ってください!!なんで売らないんですか!?あなたは売らなくてもいいんですか!?」

「別に構いませんよ?売る宛なんていくらでもありますから!失礼しますね。」

売る宛なんて全くないけどそう言い切って商業ギルドを出た。
どうしようかなこのポーション。
商人からお店でも買って売ることにしようかな。よしっ!そうと決まれば商人探しだ!
ってことでナビー!よろしく!

『マスター、結局私なのですか?はぁ〜困ったマスターです。では案内しますね。』

なんか前より人みたいに喋るようになったな。まあいいや、案内まかせた!


「加護とスキルでチートな異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー258184

    とても面白いです‼
    特に主人公の人柄が好きです‼
    あと、4行目の「売ってみた買った」は、売ってみたかった、ではないでしょうか?違っていたらすみません。

    0
コメントを書く