話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

加護とスキルでチートな異世界生活

7mi

28 ミーニャ&リサ


「えっと白狼族のミーニャだったね?俺はレンって言うんだけど君を買いたいと思ってね。」

「白狼族は戦闘センスが高いが私にはそれがない。だから貴方様が思ってるような戦いは出来ないだろう。出来るのは簡単な家事とその…交わることくらいしかできません…。」

「い、いやいや!別にそういう目的で買う訳じゃ無いから!」

「では何のためにでしょうか?」

「家の警備をしてもらいたくてね。」

「ですから!私は…戦闘センスが全くないのです…。」

「ああ、その事なんだけど君がセンスが全く無いのは呪いのせいだね。その呪いは何万人かに1人が生まれた時から持ち合わせてる物なんだけど、普通の人は他より弱くなる程度なんだけどミーニャの場合はそれが強すぎたんだよね。」

「の、呪いだったんですか!?それも何万人に1人しかかからないのを…。ですが呪いがあったとしても呪いを解く方法がなきゃダメではないでしょうか?。教会にいったして私を買うよりも高く付きますよ。」

「ああ、その事なんだけど俺が解呪できるから問題ないよ。まあ言うよりもやった方がはやいよね。〈絶対解呪〉発動!。
これでもうさっきまでかかっていた呪いは消えたよ。」

「もう解けたのですか!?あまり変わったようには感じられませんが」

「戦闘してみれば変わったことに気づくと思うよ。」

「そうですか。」

「そうそう、買われてもいいかは、選んでもらって構わないから好きに決めてね。」

「いえ、もう既に決めてあります。私の呪いまで解いて下さったのに買われたくないわけがありません。どうか私を買って頂けませんか?」

「そっか!よかった〜!これからよろしくねミーニャ!」

次はリサがやってきた。


「リサさんでいいんだよね?」

「はい、リサと申します。」

「えっと俺はレンって言うんだけど君の事を買いたいなって思ってるんだけど、どうかな?」

「はい、喜んで!」

「即答なんだね、まあこっちとしては有難いからいいけどね。でもなんで即答なの?」

「それはですね私の固有スキルの〈予言〉がこの人に買われたら幸せになると言っていたからです。」
 
そういえば最初見た時にそんな固有スキルを持ってたな。家事系スキル9の方に目を取られすぎてたな。

「なるほどね。そのスキルはよく当たるの?」

「このスキルはたまにしか発動しないのですが発動した時はそれに従ったらその時の畑の収穫量は去年の倍くらいありました。」

「それはすごいな。たまにしか見れないのは残念だけどかなり凄いスキルだね。」

リサと少し話してからギサシを呼んでセレインとミーニャも呼んで顔合わせしてもらった。その間に俺は3人で合計43万z払って3人とも購入した。

「加護とスキルでチートな異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • はるしお

    奴隷安すぎな??金銭感覚学ぼうか

    0
  • ペンギン

    だから、なんぼ持ってるの〜!ww

    0
コメントを書く