話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

加護とスキルでチートな異世界生活

7mi

25 お家購入


俺がハクを連れて麦の宿に帰ってきてから数日がたった。
毎日冒険者ギルドに行って最高品質の素材を売っているのでかなりのお金が貯まった。

「おはようございますマーサさん!今日の朝ご飯はなんですか?」

「レンくんおはよう、今日はホーンラビットのスープに自家製ジャムとパン、後は家で育ている新鮮の野菜サラダだよ!最近いい品質の肉が安くてありがたいんだよ!」

それって多分俺の事だよな?

「今日も美味しいそうですね!楽しみです!」

「あ、そうそうレンくん!今日で7日目だけど延長して泊まるかい?」

そっかもう7日目か。どうしようかな?ナビー!延長でいいかな?

『マスター、私に1つ提案が有るのですがよいですか?』

お?なんだ?

『それはですね、自分の家も持ってみるのはどうかと思いまして。マスターもカゼリアの街を気に入っている様ですし持ってて損は無いかと思うのですが?どうでしょう?』

たしかに俺はカゼリアの街は好きだしいい所だと思うしその案に賛成かな。
ハクもそれでいいか?

『主のいる所が私のいる所です!』

そうかなら今日は商業ギルドに行くか。

「レンくんどうしたんだい?ずーっとボーッとして?」

「あ、いえちょっと考え事を。それでですね、自分の家を持ちたいと思っていたので今日見てこよーかと。」

「そうかいそうかい!レンくんが家をねぇ!いいじゃないの!いってらしゃいな!」

そう言われ俺達は朝食を食べてから商業ギルドに向かった。

「次の方どうぞ。今回はどの様なご要件でしょうか?」

「家の購入を考えてるんですが大丈夫ですか?」

「はい、大丈夫ですよ。家の購入でしたら2階にある205の部屋で対応しますのでそちらへどうぞ。」

受付の方に言われた通り205の部屋にノックをしてはいる。

コンコンッ

「どうぞ、おかけください。
それで今回はどういったお家をお求めですか?」

「えっとそうですね、大きな庭とお風呂があって、キッチン、リビング、寝室にあと複数部屋があるのがよいのですが。」

「そのご要望だと屋敷といった形になってしまいますが大丈夫ですか?」

お金の事を心配しているのかな?

「大丈夫ですよ。」

「それでしたらこの3つがご要望に添えるかと思いますが。どうでしょう?」

1つ目の家はギルドから遠いし庭が狭いな却下、2つ目の家はギルドに近いけどお風呂と庭はあるけどかなり狭いので却下。
なら3つ目だがこれが1番高いだけあってギルドにそこそこ近く庭とお風呂がかなり大きいな。しかも地下室なんかもあるし秘密基地みたいでいいかも。 

「3つ目のにします。」

「そうですか。でしたらこちらの紙にサインして頂いて料金を払ってもらいますと購入した形になります。」

「これが料金と…はい、サイン終わりました。」

「契約完了ですのでこちらの鍵をお持ちください。」

「では失礼しますね。」

そう言ってから商業ギルドを出た。




「加護とスキルでチートな異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • クロクマ

    1週間でどんだけ稼ぐんだよ

    1
  • はるしお

    は???? 屋敷の値段は??神から貰ったのとクエストで稼いだ金足しても屋敷を買えるとは思えんのだが・・・ ご都合主義すぎ。

    1
  • ペンギン

    てか、まずいくら持ってるの?
    神様のも合わせて...

    1
  • ユーノ

    屋敷にいくら掛かったのおぉぉ???w

    2
コメントを書く