話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

加護とスキルでチートな異世界生活

7mi

23 新しい仲間

今日も早く起きてからいつもの様に30分くらい訓練をし、部屋に戻り汗を拭いて宿屋の1階で朝食をとり冒険者ギルドへ向かった。

「今日は討伐依頼でもやろうかな?お、これとか良さげだな。」

俺はそう言いながら受付の方へと向かった。

「あれ?今日はネネさんいないんですね?。」

「ああ、ネネちゃんなら昨日途中から仕事が手につかなくなったから早退したんだよ。」

「そうだったんですか!?大丈夫ですかね?」

「今日の午後には来ると思うから、あんまり気にしないでね。」

「そーですか。ネネさんには身体に気をつけてとレンが言っていたとお伝えください。」

「ネネちゃんが来たらそう伝えとくね。それで依頼でも受けに来たのかい?。」

「あ、はいそうです。この依頼を受けに来ました。」

「シルバーウルフの群れの討伐の依頼ね。ギルドカード出してくれるかい?」

「あ、どうぞ」

「よしっ!これでサイン終わったよ!いってらっしゃい!」

クエスト
シルバーウルフを討伐してくれ!

難易度D

内容
シルバーウルフの群れの討伐
討伐依頼部位右耳

成功報酬
大銀貨1枚

失敗罰金額
銀貨3枚

依頼成功期間
依頼を受けてから5日

依頼人
冒険者ギルド

採取(×)討伐(○)人手募集(×)
護衛(×)捕縛(×)

ってことでシラの森の中に居るんだけどあっさり倒してしまって暇だ…。
そうだ、そろそろナビーと2人じゃ寂しいと思ってたし召喚魔法でも使って仲間を増やそうかな。召喚魔法に込める魔力量で強さとかってきまるんだよな。ってことでそこそこの魔力を込めた。

〈召喚魔法〉発動!

そう言った瞬間に一体の狼が現れた。
鑑定を使ってみる。

名前no-name

種族 神狼フェンリル

性別 メス

年齢 8

レベル1
 
使用武器
爪 牙
使用魔法
風魔法 光魔法 時空魔法
スキル
念話 言語理解 擬装

「なあ、お前は俺についてくるか?ついてくるなら名前を、つけるが。」

「わん!」

「そうか、ならお前の名前はハクだ!」

『ハク…ハク!!主!よろしくね!!』

「え!これってナビーみたいな…ナビー!さっきまでなんで念話出来なかったのに急に出来るようになったんだ?」

『それはマスターが神狼に「ハク」と言う名を与えて従魔契約が済んだからです。』

「名前を与えることで従魔契約が成立したってことか?」

『そういう事になります。』

俺達の新しい仲間が増えた。





「加護とスキルでチートな異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ユーノ

    ハクなんていろんなところで使われてるからいちいちパクリとか気にしてらんないでしょw
    特に神狼(フェンリル)=白銀ってイメージだから、色での前つけたらシルバーとかシロとかハクとかなるのはまぁ仕方ない

    1
  • エルス・ギルバート

    ハクって分解再構築のパク(殴

    1
  • 帆楼

    フィンリルのハクって転生貴族の異世界冒険録のパ……

    4
  • こしあん

    「名前」は英語で"name"です。

    1
  • DoH

    no-nemuで草生えた

    9
コメントを書く