話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

加護とスキルでチートな異世界生活

7mi

22 成功報酬と買取金


「すいませーん!成功報酬は今持ってきました!」

そう言って先程の窓口の人がやって来た。

「成功報酬は全て最高品質だった為872200zゼニーになります。ですので大銀貨8枚に銀貨7枚大銅貨2枚に銅貨2枚になります!」

日本円で1日に約88万円稼ぐってかなりやばいよな…

「ありがとうございます!(笑顔)」

「は、はぃ…//」

「おーい俺のことを忘れてねーかレン?」

あ、ゼンラさんまだ居たんだ。

「俺がまだ居たんだって顔すんなよな…結構…いやかなりへこんだぞ」

「アハハ…冗談に決まってるじゃないですか!」

そう言いながら顔を背ける。

「じゃあなんでこっちを向かないんだよ!俺とお前の仲じゃねーかよ!」

「それよりも次は換金お願いできますか?」

「レンの野郎綺麗にスルーしやがった…。
それで何を買い取ればいいんだ?」

そう言われたので俺はゴブリンとホブゴブリンとホーンラビットのカード以外の素材を全て出した。

「おいおい、またとんでもない量だな…。
またスキル使うから離れてろ。」

俺は少し後ろに下がった。

「スキル〜詠唱中〜〈整理整頓〉発動!。
やっぱりここに居るのは基本雑魚に部類される物だけど全て最高品質かよ…とんでもねぇ化け物だなレンは…。」

「アハハ、化け物だなんて失礼ですね!それよりいくらになったんですか?」

「あ、ああそうだな。まずゴブリンとホブゴブリンの右耳は討伐証明部位ってこと以外に価値は無いから燃やすな。あとは魔石とホーンラビットの毛皮に角に肉か。
ホーンラビット系は弱いが肉は食用に角は武器などの素材に毛皮は服などになるから基本的に売れるな。大体全部で大銀貨2枚ってところだな。」

「案外安いですね。もう少し行くかと思いましたよ。」

「これでも色をつけておいたんだぞ?そもそもそこら辺にいる奴らだからなこんなもんだよ。じゃあ成功報酬と買取金で金貨1枚に銀貨7枚大銅貨2枚に銅貨2枚になるぞ。ほらよ」

「ありがとうございます。じゃあそろそろ帰るので失礼しますね。」

「おう!またこいよ!」

俺はそう挨拶してから麦の宿に戻り晩御飯を食べてから体を拭きベッドにだいぶした


「加護とスキルでチートな異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く