話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

加護とスキルでチートな異世界生活

7mi

16 訓練所


俺はチンピラ達の目の前に来た。

「ギルド登録済ませてきたから訓練所でやろーぜ。」

「やっときたかじゃあ早速訓練所いくぞ」

そう言って俺はチンピラ達についてく。
ついて行く途中に周りの奴らがヒソヒソと何かを話しているみたいでそちらに〈聴覚強化〉を使って聞き耳を立てる。

「おい、ゴルドの奴らまた新人潰し始めようとしてるぜ。」

「またやってるのかよあいつら。この前来た奴に負けて相当イラついてたもんな。」

「ああこの前は何でも剣聖の息子に負けたらしいぞ。まあ剣聖の息子なら仕方ない気もするけどな。で今回はどっちに賭けるよ?」

「そりゃゴルド達にだろ、今回は剣聖の息子でもねーしまだ成人したばっかってところかな。」

何やらこのチンピラ達のリーダーはゴルドって言うらしい。しかも新人潰しの常連みたいだな。
それに前回剣聖の息子とか言う奴に負けたから相当イラついてたのか。俺が勝ったらまた五月蝿そうだな。その事を考えてたら訓練所に着いた。
そこにはちらほら観客が来ていた。さっき言ってた賭けでもしてるのか。

「ルールは魔法に武器ありの1VS1でどちらかの戦闘不能か降伏で終了。負けた方は買った方に全財産支払うでどうだ?」

ゴルドがそんな事を言ってきた。
完全に勝った気でいるなちょっと本気でいくか。

「ああ、それでいいよ。」

「試合開始はこのコインを投げて地面に着いたらスタートな」

そう言ってからゴルドはコインを投げた。
俺はコインが地面に着くと同時に殺気を軽く込めた〈威圧〉スキルを放つとゴルドとその仲間達が気絶した。
観客だった奴らも気絶している。

「え?弱くね?」

そんなことを思っていたら訓練所の入口の方から1人の大柄のおじさんが走ってこっちにきた。

「こ、これは!?な、何があったお前!さっきの威圧はお前がやったものか!?」

ガイス様並に大きい声で肩を揺らしてくる。

「あ、ああ。俺がそこにいる奴に喧嘩を売られたから試合開始の合図と共に殺気を込めた威圧を放っただけだ。そしたらご覧の通りってわけだ」

「ゴルドのやつまたやってたのか。って言うことはお前新人か!?確かにここら辺では見ない顔だが…」

「ああ、今日登録したばっかだからな。てかおじさんは誰なんだよ。」

そう言いながらギルドカードの制作日を見した。

「そ、そうか。本当に新人だったのか。あと自己紹介が忘れてたな俺はカゼリアの街冒険者ギルドのギルド長のゼンラだ。」

ゼンラ?裸なの?

「とりあえずお前と話がしたい。今時間あるか?」

「ああ少しならあるぞ」

「そうか、なら着いてきてくれ」

「加護とスキルでチートな異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ペンギン

    開始と同時に殺気を放つパターンは初めてかも...ww

    1
  • 神弥

    はだか?www

    0
  • べりあすた

    ゼンラww

    3
コメントを書く