話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

加護とスキルでチートな異世界生活

7mi

13 街を回ろう!


「よいしょっと」

俺は明け方に起きた。ちょっと早かったが宿の外で素振りを始める。
30分くらい練習をしたあと部屋に戻り体を拭き終わると昨日のお金のことを思い出した。

「昨日は持ってるお金で払ったけど何がどれくらいなのかわからないんだよな。
ナビー!お金の事を教えてくれるか?」

『了解しました。情報を頭の中に直接渡した方が早いので渡しますね』

ナビーがそう言うとお金についてのことが理解出来た。

お金

世界金貨1枚=白金貨100枚
白金貨1枚=大金貨10枚
大金貨1枚=金貨10枚
金貨1枚=大銀貨10枚
大銀貨1枚=銀貨10枚
銀貨1枚=大銅貨10枚
銅貨1枚=鉄貨10枚

世界金貨=100億z
白金貨=1億z
大金貨=1000万z
金貨=100万z
大銀貨=10万z
銀貨=10000z
大銅貨=1000z
銅貨=100z
鉄貨=10z

1z=1円

zはzゼニーと読む

こんな所か。俺の所持金は銀貨6枚と大銅貨5枚だから日本円で6万5000円てところか

「今日は街を軽く回って明日に冒険者ギルドでもいこうかな」

そのあと俺は朝食を食べていろんな店がある方を教えて貰いそっちへ向かって出かけて行った。

「安いよ!安いよ!ホーンラビットの肉の串焼きだよ!」

お!いい匂いだな少し買っていこうかな

「おっちゃん!1本いくら?」

「1本鉄貨5枚だよ!どうだい?買ってくかい?」

安いな!よし買うか

「なら20本もらえるか?」

「に、20本!?お、おお大丈夫だぜ!ちょっとまっててな。
ほら20本!20本だから大銅貨1枚ね!」

「はいよ!」

「毎度あり!また来てくれよにーちゃん!」

「ああ!また来させてもらうよ!」

俺はそう言うと串焼き屋から離れ2本を食べ歩きながら残りの18本を商人術に統合されてるインベントリに入れる。
ちなみにインベントリはアイテムボックスの上位互換で時間調節機能が付いている。アイテムボックスの下位互換がボックスっていうスキルだ。
俺はそんな感じで買い食いなどしながら1日街を回って宿に帰った

「加護とスキルでチートな異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く