話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

加護とスキルでチートな異世界生活

7mi

12 カゼリアの街


今俺達はカゼリアの街の門の列に並んでる。

「よしっ次!ん?お前見ない顔だな、身分証を出してくれるか?」

身分証!?そんな物持ってる訳がないじゃないか。持ってなくて怪しまれて捕まったら大変だしだからと言って嘘をついて後々バレたら大変だしここは素直に言うべきか

「すいません身分証をもっていないんですが…」

「身分証がないだと?身分証がないとここは通れないしあっちの水晶に手をかざしてみてくれ」

「これにですか?こんな感じです…わっ!」

水晶に手をかざしたら白く光った。急に光るからビックリしてしまったのが恥ずかしい

「白かよし!ならこの身分証(仮)をもってけ!早めに身分証を作っとけよな!各ギルドでも登録すればギルドカードをもらえて、そのギルドカードが身分証になるからそれでも可能だ。あと今回は良いが次から門を通る時はお金を置いて行ってもらうぞ!
ってことで」

「「「カゼリアの街へようこそ!!!」」」

なんか怖い人かと思ったけどいい人そうだな。門番さんに頭を下げて街の中に入る。

「ここがカゼリアの街か!建物は中世ヨーロッパ風って感じだな。人が賑やかでいい所だな!」

ナビー!オススメの宿の場所あるか?

『ここから20分の麦の宿が安くて美味しい料理を出すと有名の様です。』

麦の宿ね!名前もいい感じだしそこに向かうとするか!行くよ!ナビー案内よろしく!

『案内は任せてください。』

俺達は一直線に麦の宿へ向かった

カランカラン

「いらっしゃい!何名様だい?」

30〜40歳位の優しそうなおばさんが出てきた。

「えっと1人ですけど大丈夫ですか?」

「大丈夫大丈夫!1名様だね。何日泊まるかい?あとご飯は朝夜にあるけどどうする?追加金で昼の弁当も出すよ。」

「とりあえず7日でご飯は両方とも貰います!昼は街で買うので大丈夫です!」

「そうかい、なら銀貨3枚と大銅貨5枚だよ!」

「えっとはいこれで!」

「銀貨4枚ねおつりの大銅貨5枚だよ!部屋は2階に上ったところの201号室があんたの部屋だよ!はいこれ鍵。晩御飯は1階で6時から8時の間にきてくれればだすからね」

「わかりました、けど今日は疲れてるので晩御飯はいりません」

そう言って俺は自分の部屋に上がりベッドの上へ倒れ込んだ


「加護とスキルでチートな異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • べりあすた

    何名様代?ってとこの『代』ってひらがなでは?

    0
コメントを書く